ぱりじぇんぬ犬ルビーの日記

~Mダックスのルビーと共にお贈りする、パリ日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ルビーの大移動 Road to Paris ~①日本準備編~ 

2005年2月、ルビーにとって、とってもとっても長い1日がありました。

国際線で、成田⇒シャルルドゴール空港、約13時間の長時間フライト・・・
今思えば、あれを境にして、フランス到着直後は性格も少し変わった?・・・ような。

もう半年以上も前のことなってしまいますが、日本からルビーと一緒にパリへやってきた
軌跡を何回かにわけて、書いていきたいとおもいます。

まずは、日本準備編です!

200502どことなく遠い目線のルビー1

⇒こちらはパリ到着初日の写真。どことなく遠い目をしています。
 しかもちょっと涙目・・・




日本準備編 
東京⇒パリへのお引越しが決まったのは、2004年の夏。
諸事情により、ルビママは先にパリへお引越し。
ルビパパが、後からルビーを連れて一緒にパリ入りすることに。
渡航予定は、2005年の2月。
まだ半年くらいあるし、ゆっくり準備できるだろうとタカを
くくっていましたが。。。

いろいろとワンコの渡航手続きがあるんですね。

大きく分けると、以下の三つ!
日本出国(日本の動物検疫所)の条件を満たす
フランス入国(EU基準)条件を満たす
③飛行機の予約(お犬さまの)

 ※正式には犬の「輸出・輸入」という言葉を使うそうですが、
ここでは出国・入国との言葉を用います。


では、まず①から!

①日本出国(成田の動物検疫所の)条件を満たす
2004年11月から、検疫所が新制度がスタートと聞いて、さっそく情報収集。
(⇒新制度、お犬さま出国条件はこちら)

これがまたわかりにくいのですが、よーくよく読んでみると、日本出国よりも、
日本入国の条件が大幅に変更された模様。

入国の条件はより厳しくなったものの、いままで無条件に成田で14日間の拘留があったのが、
条件を事前に満たしていれば、12時間以内の入国が可能になった、といったところが変更点でしょうか。

事前手続きはメンドウな半面、日本入国後、ほぼ即日で一緒におうちへ帰ることができるようになったのは前進ですね。

出国側条件のほうは、さほどの事前準備はなく、出発当日の成田空港動物検疫所の予約をすれば大丈夫。


②フランス入国側(EU基準)条件を満たす
こちらは、いろいろとやることがありました。(どこの国も出国より入国の方が手続き的に大変ですよね)

・マイクロチップの装着(ISO基準のもの)
・狂犬病予防注射の摂取証明
・出国日より7日以内の健康診断
・指定フォーマットでの健康証明書(出発5日以内の発行)


EUのホームページもみましたが、在日フランス大使館からの情報を第一としました。
(電話で問い合わせすると、FAXで諸条件を送ってくれました)

EUで統一ルール、とはいっても、まだ各国で微妙にちがうので注意が必要です。

イギリスなど島国は、特に厳しいので上記に加えて、狂犬病予防注射の抗体ができている
ことを証明する血清検査結果や、出国直前の(獣医さんによる)ノミのお手入れなども必要だったりします。
それにくれべればフランスは、まだ手続き的には簡単なほうですね。

ルビーは、小さい頃からマイクロチップを装着してました。
首のうしろくらいでしょうか。マイクロチップといってもほんと小さいんですよ。

触ってもゼンゼンわかりません。(獣医さんは「ここですよ~」なんて教えてくれるのですが)
バーコードでぴっと読み取ると、「15桁」のコードが出てきます。


やられたのは、健康を証明する「用紙のフォーマット」。

・成田で、日本政府の証明書同等の健康証明書を出してくれるのですが、これは英語のみ。
・在日フランス大使館では、フランス独自フォーマットを用意(英仏)。
・EUホームページは、EU基準のフォーマットがPDFで用意(英仏)。
・そして、ルビーが通っていた、近所の獣医さんも一応、独自のフォーマットを所持(日・英)。

何を持っていけばいいんじゃーー!!

事務手続きに関しては、なにがあってもおかしくないフランス。
ここは、石橋をたたきまくることにしてすべてのフォーマットを準備することにしました。

なんともメンドウでしたが、万が一、パリ入国時に書類不備で日本へ引き返せということがあってはシャレにならないですし。
(結局、どれが本当に必要最低限の書類だったのか、はいまだに不明)


★注意★
マイクロチップは、各国、メーカーによって規格が異なるので細心の注意、最新情報の確認が必要です。
(ルビーはAVID社のものを使用)
獣医さんの話しでは、とくにアメリカがさまざまな規格が乱立しているとのことでした。
欧州は比較的統一されているとか。15桁ならまずISO基準の番号とおもっていいでしょう、とのこと
でしたが、個別にご確認されることをおススメします。



③飛行機の予約(お犬さまの)
JALANAエアフランス、小型犬ならキャビンに犬連れOKです。
(●2005年12月時点確認情報では、ANAは2005年8月より聴導犬・介助犬等以外は
 キャビン持ち込み不可に変更になりました(残念です)
 JALも、2006年4月より不可になる模様。(ANAに追随?))



細かい規定がそれぞれ若干違うようですが、だいたい5kg以内なら機内への持込は
大丈夫というところが多いでしょうか。
(上記リンクで、それぞれの航空会社のペット同伴条件のページへ)
(●2006年11月より、エアフランスは、ケージ込みで4kg以内に変更されています。
 これじゃ、ほとんどのワンちゃんが無理では・・・)



持ち込めるクレートサイズの指定がありますが、ルビーはこれを使いました。
petvoyager

Pet Voyager 1.0 ⇒楽天市場の検索一覧です。あ、ちなみにアフィリエイトではないです(笑))

予約できるのは1キャビンにつきワンコ1匹が原則だとか。
たしかに機内がワンワンだらけになっては大変でしょうから、
まあ上限があるのもわかりますが多頭飼いの人ってどうなるんだう・・

今回の成田⇒パリの片道チケットは、エアフランスで予約しました。
1kgあたり4,000円とのことで、クレートといっしょにしてルビーは重さ5kgで
2万円なり~!
ルビー、超格安チケットでパリ旅行ですね。(でも、大型犬は、大変そう。。)


その他)
少しでも乗り物に慣れさせようと思って、事前にバスや新幹線にも乗りました。
新幹線の轟音(トンネル前後とか)でも、とってもおとなしくしてましたよ。クレートの中で爆睡。
いい兆候です。


長文、お付き合いいただきありがとうございます。
次回は、成田空港編です!!


●ルビパパの独り言
日本⇔欧州は、距離もありますし、人間さまでも移動(フライト)は大変ですよね。
ましてやワンコにとっては、かなりのストレスであろうと思います。
飛行機がもっと快適・便利になって、手続きも簡素化され、気軽に海外旅行にも
ワンコ連れできる時代がやってこないかなあ
、とちょこっと思います。

●手続きで参考になったサイト
A Wan!derful Travel with Your Dog
海外移動や、国内旅行についても情報が充実のHP
(とはいえ、official情報、最新情報のご確認はご自身でも!)

マイクロチップのすすめ
新検疫制度と関連して、マイクロチップ装着に関する情報がよくまとまっています。


★★★ブログランキングに登録しています。(ペット+海外情報)★★★
よろしかったら、本日もワンクリックどうぞよろしくお願いしまーす!!

人気blogランキングのページへ


変更履歴: 2005/11/16 1機につき1匹 ⇒ 1キャビンにつき1匹 訂正。
                 ANAのキャビン持込不可への変更情報 追記
        2005/12/15 JALもキャビン持ち込み不可への変更となる旨 追記 
  
スポンサーサイト
ルビーちゃんの大移動、すごくおもしろいです!
続きを期待してます!
ほんと、海外旅行ぐらいでも簡単に犬が同伴できる時代になるといいんですけどね♪
[ 2005/11/09 09:19 ] [ 編集 ]
実は私は今年の夏、LuLuを日本に一時帰国させるのを諦めた輩です。。
動物って物扱いのクセにこういう時だけ免疫だの何だのって
決まり事がすっごく厳しくて面倒でめちゃくちゃで xxxxx (>_<)

ルビーちゃんの大移動、続き楽しみにしています!


[ 2005/11/09 10:46 ] [ 編集 ]
いろいろ準備が大変なんですね(・0・;)
でも2万円
パリにいけるなんて
ルビーちゃんうらやましいぃ~!!
続き楽しみにしてます(^▽^)
[ 2005/11/09 13:12 ] [ 編集 ]
[玄関]・▽・)ノ おじゃまします♪
本日は多忙のため、応援だけ・・・
深夜こっそりまたゆっくり見に来ます~
ひとまず今日の分の

ポチ凸
[ 2005/11/09 15:14 ] [ 編集 ]
本当、大変ですね・・・。
手続の多さや言語の問題。
そして長時間のフライト。

いやぁ~本当よくルビーちゃんがんばったなぁって感心です。涙目にもなっちゃうよねっ。

続きを楽しみしてます♪
[ 2005/11/09 15:22 ] [ 編集 ]
やだぁ~。ルビーちゃん日本が恋しくて本当に泣いてる?
そっかぁ。。。ルビーちゃんはマイクロチップ装着してるんですね!
多分私には無縁のこととは思いますが(^_^;)とっても興味深く大移動の様子を拝見させて頂きました。
成田空港編、楽しみにしていますね^^
[ 2005/11/09 17:10 ] [ 編集 ]
ルビーちゃん大変ですね。。
マイクロチップ付けてるのかなと思ってましたがやはり付けてましたか。。
痛くないんですかね??写真とかで見ると一円くらいの長さですよね。(◎ー◎;)

あとやはり国際便は機内OKなんですね?
長旅ですからね。
夏に沖縄行ったんですが(ポチ太留守番です)ANAは機内禁止になったらしくワンコは貨物のほうらしくかわいそうでした。
アレルギーの人や匂いの苦情がきたらしいです。

てかルビーちゃんの機内での話し楽しみです。
ルンルン♪~♪ d(⌒o⌒)b ♪~♪ルンルン
[ 2005/11/09 18:00 ] [ 編集 ]
ルビーちゃん☆

本当にお疲れさまぁ~~~。。。
お写真の涙目の表情に色んな思いとホッ・・ト感が垣間見れちゃいます.。o○

それにしても・・日本への入国時の2週間の検疫が条件が満たされれば無しでいいなんんて素敵なニュースです☆
一緒にフライトしてバカンスして一緒に帰国~なんてことが夢ではなくなるのかも・・(*^^)?

それにしてもこんなに分かりやすく日記に記していただけるなんて感謝です♪

連載・・ワクワクしてお待ちいたしております(^_-)-☆


[ 2005/11/09 18:02 ] [ 編集 ]
そうですよね。検疫に関しては、狂犬病やその他の病気、ウィルス等の問題があるから、簡素化っていうのは無理かもしれないけど、飛行機へのペット持込に関しては、言いたいこといっぱい!
私は、すでに、MoMoと3度国際線に乗ってますが、MoMoは、貨物じゃないのよ!家族なのよ!と毎回怒ってます。
MoMoサイズだと、機内に持ち込めない。機内サービス無し。マイレージつかない。それでいて料金高い!(あっ、こんなトコで怒り炸裂スミマセン・・・)
そうそう、ルビパパさん、航空会社によるけど、確か1機につき1匹ではなく、ワンキャビンにつき1匹だったりするハズ。ファースト、ビジネス、エコノミーとあれば、機内に3匹まで可だったりしますよ。


[ 2005/11/09 18:31 ] [ 編集 ]
海外移住の手続きって、人間も大変ですが、わんこも大変なんですね~。パパさん、ママさんも大変だったでしょうけれど、ルビーちゃんもわけがわからず・・・気が付いたら、どこぞ?という感じではなかったのかな?

パパさん、ママさん、今フランスは大変ですよね?
大丈夫ですか?
[ 2005/11/09 19:44 ] [ 編集 ]
ご存知のとおりAUの検疫は大変厳しいものでした。自分達のことでいっぱいいっぱいで、なかなか他の国の検疫状況まで知ることができなかったので、こちらで紹介していただき、大変勉強になります。ありがとうございます。
それにしても、健康証明書のフォーマットの件、びっくりですっ!統一してほしいものですよねぇ~
ANAが小型犬の機内持ち込みを廃止すると”A Wan!derful Travel with Your Dog”の書き込みで見かけましたが、そんなことより、地上職員の検疫知識を何とかせい!と言いたくなります。
我が家は成田までの飛行機(J社)にワン達を預けた時、カウンターで検疫証明の札のワイヤーを切られかけました。それを切ってしまったら、AUに入国できないのに。何ヶ月かけて準備してきたことがふいになってしまいます。あわてて事情を話したら、何にも知らないようでした。おまけに料金も間違えて、出発ロビーまでお姉さんが走ってくるしまつ。「生き物なので、くれぐれもよろしくお願いします!」と念押ししちゃいましたよ。
あ~、私も愚痴になっちゃいましたぁ~
ごめんなさいです。m(__)m
[ 2005/11/09 22:47 ] [ 編集 ]
うちは海外移住はないだろうけど…
お話を聞く限りでは、ワンコ連れで海外旅行なんて夢のまた夢って感じですね…

個人のペットに関してはやたらとうるさい気がするけれど、実際の所、業者などが大量に輸入する他の動物や昆虫なんかはそんな細かなこと要求されてるんだろうか…
疑問が湧きますよねぇ。
[ 2005/11/10 00:28 ] [ 編集 ]
★★★たくさんのコメント、本当にありがとうございます!!!★★★


◆かおりさんへ
きっとくると思うんですよ、海外旅行にワンコ連れがフツウになる時代は。
国通しの移動はいろいろ検疫のことがあるので条件がちょっとあるとおもいますが、日本国内だったら
いろいろルールづくりさえすれば(犬苦手な人への配慮なども)今すぐだってできるはず!
そのためには飼い主からのアツイ訴えもおこしていかないといけないかもしれませんね~


◆Pawさんへ
そうだったんですか。いろいろ手続きのハードルが高いですから、すぐに準備できないですよね。
海外にながくすんでいる人で、急に帰国が決まった人などきっと困っているんじゃないかと思います。
「輸入・輸出」って、言葉からして完全にモノ扱いですよね。
こういうところからして、すでにお役所発想だなー、なんてちょっと思ったりします。


◆モカ姉さんへ
格安チケットでしょう?
でも、大型犬だったとすると、30kgのワンコは12万円、ちょっと大きい60kgワンコは24万円・・・・
うーん、大型犬の方になるとちょっとつらいとおもいます。あと専用のケージとかも代金とられるでしょうし。。
ルビーは小さくて助かりました♪


◆Sarhtoさんへ
お忙しいですよね。どうぞ無理なさらずに!! 長期戦ですからね。。。
深夜、次回分更新ですよ~


◆erikaさんへ
ルビパパ的には、今思えばホント大変だったんだろうなあ、ってことが随所にあるんですよね。
ワンコと話しができたら、どう思っているのか聞けるのに~ってホントによく思います。
「え? 別に気にしてないよ」とかルビーに言われたりして・・・


◆BOWママさんへ
最近、めったに泣くというか涙目になることないんですけど、フランス着いたばかりのときはけっこう
目の下に涙跡つくってました。単に、メヤニがたくさん出てただけかもしれませんが。
マイクロチップについては、日本ではまだまだ浸透はしてないですよねえ。こちらでは、ペットショップに
売られているときから既にチップ装着済みってこと、けっこうあるみたいです。


◆masaさんへ
うーん、1円玉よりは小さかったですよ。もしかしたらメーカにもよるかもしれません。
たしかにフツウの注射針よりはちょっと太目の注射でポチっと。
沖縄旅行、ワンコ連れにするかどうか悩みますよね。飛行機のこと考えるとやっぱり負担になる可能性が
高いでしょうからねえ。
飛行機のキャビン持ち込みも、ワンコokゾーンと、NGゾーンをわけてれば上手くやれると思うんですけどねえ。。


◆masaさんへ
一休さんになりたい気持ちです。ああ、日々、修行ですなあー。でもルビーがそばにいると、たいていの仏人は
犬好きでゴキゲンになるので、ルビーパワーに助けてもらっています。
フランス歩くなら、犬連れ!です。


◆アール&桜芽ママさんへ
5kg以内の小型犬、飛行機がゼンゼン苦にならないワンちゃん、マイクロチップ、狂犬病注射摂取、あと渡航先の
国ごとの条件確認、、、など条件がそろえば、たしかにワンコ連れ海外旅行は今でも可能だと思います。。
ただ、、、ハードルが高すぎる・・・そんな思いです。
もっと改善できると思うんですけどね。
まあ、一歩一歩ですね。


◆chamaさんへ
MoMoちゃん、飛行機国際線3回! おつかれさまです。欧州域内の国際線なんかは、バリバリMoMoちゃんサイズの
ワンちゃん、空港にたくさんいますけどねえ。(欧州のほうがワンコ連れ飛行機移動に関しては進んでいるかも)
「1キャビンに1匹」、あ、たしかにそのほうが正しいっぽい・・・(旅行代理店からエセ情報つかまされたか・・)
これは、後日確認して「記事訂正」させていただくかもしれません。ご指摘、ありがとうございます!


◆yokoさんへ
パパ・ママだって、異文化ギャップを日々体験しているんだか、ルビーだっていろいろと異文化ギャップ
感じてると思うんですよね・・・ まったく根拠はないですが、外国のワンコと日本のワンコでは
どこか雰囲気違うんじゃないでしょうか。こっちにきてからはワンコとすれ違うとき怖がってます。
(今は、その反動から警戒ボエすること多し)
パリ暴動、いまのところワレワレの住んでいる場所は、ちょっと離れていますので大丈夫です。
ご心配ありがとうございます!


◆のえままさんへ
うーん、やはり。。空港職員の知識・対応力たしかに改善の余地は、ワタシも感じましたね。
もちろんきちんとしている方もきっといらっしゃるでしょうけど。フライト予約のときには、ワンコ連れであれば
エコノミーでも一番先頭のほう、座席の前に余裕スペースのある場所になります(赤ん坊連れがよくいるところ)と
聞いていたのに、実際チェックインのときに、そんなことはありえません、の一点張り。
ANAの件、そんな書き込みが! 刻一刻と制度やルールも変っていくでしょうから、定期的にチェックしていかないと
いけないですよね。(いつかの日本帰国のためにも)


◆ようこさんへ
じつは、日本にまだいたとき、海外旅行でルビーを連れて行けるところはないかって、けっこう考えたこと、
あったんですよ。ルビーなら機内持ち込みokのサイズですし。
でも、なかなか近距離で、相手国の条件も大丈夫で、、、ってところ、少ないですよね。候補として、ハワイも
あがったんですが(狂犬病発生ないので帰国も条件が楽)、ハワイのビーチはワンコはダメだよという情報を
キャッチして、それなら意味ないなーって感じに。
うーん、まだまだですねえ。
ペット見本市!などで業者が大量に日本に連れてくるときは(犬猫)、成田の検疫所が対応しきれなくて、
個人の方でも、そのときばかりは「自宅待機」っていわれてワンコと帰れるって、何度か聞いたことありますよネエ。
ま、今はどうなのかわかりませんが、そんなうわさがたってしまうってことは・・・・・・
[ 2005/11/10 04:13 ] [ 編集 ]
ワン連れで海外へ行くのって大変なんですね。
手続きがうまく進んだとしても、やっぱり一番心配なのはワンコが長時間のフライトに耐えられるか…ですよね。
電車なら途中で降りることもできるけど・・・(-_-;)
でも、キャビンに乗せられるなんて初めて知りました。(ANAはもうやってないようですが…(T▽T)ショックー)
パリ初日のルビーちゃんの写真。
本当におめめがウルウルして、いつもより小さく見えます。
がんばったんだね。
[ 2005/11/13 01:39 ] [ 編集 ]
もしかしたらワンコによっては、飛行機なんて平気~なんていう子もいるかもしれないですが、
我が家ルビーは甘やかしてしまったせいか、超ビビリ犬でした。目がウルウル、、の状態、
1ヶ月くらい続いていたんで心配しましたねえ。でも、今は元気です!
[ 2005/11/15 06:27 ] [ 編集 ]
お気軽にコメントをどうぞ!













ルビ家にのみ表示したい場合、確認画面でチェックボックスをONにしてください 
この記事のトラックバックURL


カテゴリ別に読む方はこちらから!


~サイトマップ~
現在、工事中・・・

最近のコメント
  • 06/03:アレまま

  • 05/30:るびー

  • 05/26:Mouvette

  • 05/25:Miya

  • 05/16:dackies

  • 05/14:アナキョンジャ

  • 05/13:chama

  • 05/13:phary

  • 05/13:ネコ娘

  • 05/12:RUU

お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。