ぱりじぇんぬ犬ルビーの日記

~Mダックスのルビーと共にお贈りする、パリ日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ルーブル美術館 (便利な豆知識その2) 

新春特別お年玉企画、第2弾!!!

ルーブル・ピラミッド

とくに個人旅行で、ルーブル美術館を訪問する際、知っていると
ちょっと便利なことなど、豆知識を引き続きご紹介します!!!




ルーブル美術館 (便利な豆知識編その1) は、こちらから

ルビーからのお告げ1:ある程度のあたりをつけて臨めよ!

事前にどの絵画をみるか、どの彫刻は逃しちゃいけないかを
ある程度決めておく必要があります。

と、いうのも、ルーブル所有の美術品は常設展だけで約3万5千点、
広さは6万平米に渡ります。全部を1日で見るのは不可能です。

「やっぱりモナリザ!」
「美術の教科書で見た、あの絵は、みたいなあ」


など、何でも良いので、ある程度、どの作品は外さず見たいか、
あたりをつけていくことが重要です。

公式HPでも、一部の作品の概要を見ることができます。
http://www.louvre.fr/llv/oeuvres/alaune.jsp?bmLocale=en
⇒絵画部門はこちら。クリックすると詳細情報が見られます。


ルビーからのお告げ2:事前知識の入手に励めよ!

①案内書(無料):
チケット売り場の側には、各国語での「見取り図と館内のご案内」
が、置いてあります。日本語も、もちろんありますので、GETすると
良いでしょう。

道に迷った際に案内人に指差してもらえるよう、英語やフランス語
バージョンも、一応持っておくと助かるかもしれません。

②ガイドブック、DVDなど(有料):
日本語のガイドブックも数バージョン販売されており、内容を
比較するのも楽しいです。(ショッピングセンターのカルーゼル
内で購入可能。)

当日購入して使用する場合は、薄めの本で作品がそれぞれ、
どの場所に配置されているか示してあるものが
良いかもしれませんね。(新しいバージョンでないと、絵画が
他の部屋に移動している場合も・・。)

DVDは、日本語以外の言語(英・仏)バージョンも入っているので、
語学の勉強にもなって、お得な気分?!当日購入してもパソコンを
持ってないとみられないので、事前学習に最適かもしれませんね。

③オーディオガイド(5ユーロ):
リシュリュー、ドノン、シュリーそれぞれの入り口付近で、
レンタルできます。日本語版もあるそうですが、込んでいると
在庫切れのことも!

オーディオガイドは壊れている場合もあるので(実際に遭遇!!)、
すぐに、その場で音声ガイドが聞けるかを確認することですっ。

いざ、名画の前でガイドを聞こう・・・と思っていて壊れていたら
広大なルーブル美術館の中を、すたこら入り口まで戻らないといけません。

遠くはるばる日本から観光でいらしたのだから、戻る時間も、
もったいない!
(オーディオガイドがなければ本で代用、との手もありますね。)

ちなみに、オーディオガイドは世界各国からの観光客が借ります。
レンタルする際、共通ルールがなく、誰もきちんと並ばず、
サバイバル状態の場合があります。

そんな時は、販売員にアツイ視線を注ぎつつ、目があった瞬間に
タイミングよく、感じよくレンタルをお願いします。


ルビーからのお告げ3:なんだかんだ言っても、ここは、おフランスぢゃ!

美術館の館員は、驚くほど道案内ができませんが、そんなことで
驚いていてはいけません。(矛盾してる?)

コノヒト知らなそう、と思ったら体よくお礼を言って、さっさと
立ち去ります。

前回訪問した際は、アングル作「グランド・オダリスク」という非常に有名な絵を
見たかったのですが、アングル(シュリー3階60・63展示室)の部屋に
行っても見つからない。名画はいづこに?

ガイドブックで絵をみせつつ、館員に聞いたら、堂々と
「全部の作品の場所を知ってる訳ぢゃないから。(=知らない。)」

おおおおーーーい。こんな有名な絵、どこにあるのか、
アングルの部屋の側に配置されてる館員なのに知らないのかよー。

ま、実際は他のコーナー(ドノン2階・75展示室:フランス絵画の
大作コーナー)に設置されていたのですが、偶然にも見つけました。

他にも同じ質問した人いたんじゃないの??と思いましたが、
そのお方は、自分の仕事ではない、といった風情でした。
(もしかして、盗難防止のために座っているだけで、道案内は
しないのか?)

平気で館内電話で長電話してる館員もいますが、ひとまず無視。
きちんと道案内できる運命の人と出会うまで探すか、自力で
探すほうば早いです。

なんだカンダいっても、ここは「おフランス」。
堂々と、のろのろしている館員や販売員に待たされるのが
あたりまえ・・・。

あまりイライラしても、結果は変わりません。しょうがないです。
苦しくならない程度に出来る事前準備をして、それで時間短縮でき
ればラッキーぐらいに思い、作品を楽しみましょう!!

<おまけ>
館内で販売されているミネラルウオーターが異様に高い
(500mlで、3ユーロ(約420円))ので、なるべく持参しましょう!

広いし、階段もたくさんあるので、履き慣れた靴で行きましょう!

<補足>
前回の記事にて、TAKAさんよりコメントがあった、すいてる入り口
「porte des lions」はこちらの画面、左下!(コメント、ありがとう!)

初めてのルーブル訪問の際には、メインの入り口(リシュリュー、
ドノン、シュリー) が、華やかなので、そちらのほうがお薦めか
なあと思ったので紹介しませんでした。(ごめんね!)

どうにも急いでいるのぢゃ、行列は我慢ならんっ!って人には、
本当ーーーーーにおススメ。
ただし、金曜日は使用不可の入り口です(いまのところ)。

このライオンちゃんが入り口の目印。
porte des lions1 porte des lions2
~皆様のご来場をお待ちしております。(とは、言ってない?)


そのほか、こんな豆知識持ってます、という方も、コメント大募集で~す!!!
ワタシも、ライオンさんと同じく、フセして待ってまーす。(by ルビー)
待ってます!
~ルーブル宮殿そば、カルーゼルの公園にて。


★よろしかったら、おりこうに「待ちの姿勢!」ルビーに、わんクリックを~!
 mU^ェ^Um

人気blogランキングのページへ
スポンサーサイト
ルビママ&パパさんへ!

新鮮味が薄れてきましたが?明けましておめでとうございますー。

ルーブル美術館は初めて実際に見た時、建物の入り口に驚きました。。。
まさか入り口になっているとは思ってもいなかったので。。。いやいやお恥ずかしい(照)

ガイドさんも「見たいものだけに絞って見てください。」と何度も念を押していました。
1週間でも見切れないと言ってましたが、本当でしょうか?
ライオンの入り口と同じようにフセしているルビーちゃん、とっても自身満々♪何見てるのかな?

ではでは、今年も宜しくお願いしますー。
[ 2006/01/04 15:14 ] [ 編集 ]
ルビパパさん
あけましておめでとうございます。
お返事ありがとうございました。入国のさいの日記をよませていただきまいしたが、ルビーちゃん少しずつ慣れてきたみたいですね!?最近はどうですか?やっぱり小さいわんちゃんにとっては辛かったのかな・・笑顔も最後の方には見れたし、元気になってるといいな☆
フランスにはお仕事ですか?いいなああ。。私も海外で仕事がしたい一人です☆憧れちゃいます。
本当日本に帰ることは想像したくないです・・今も準備中ですが、色々と大変ですものね・・・
パリへは、何度もいかせてもらってますが、やっぱりただ行くのと、住むのでは違いますか・・笑 そうですよね。。これからよろしくお願いします☆
[ 2006/01/04 17:02 ] [ 編集 ]
館員が案内出来ないって言うのがおかしい~。
スペインでもそういう館員多いです。なんでわたしに聞くのよ?みたいな館員。。。
確かにルーブルは広いですからめぼしをつけないとひたすら歩くハメになりそうですね。
[ 2006/01/04 17:10 ] [ 編集 ]
[玄関]・▽・)ノ おじゃまします♪
ライオンさんと同じかっこうしてるのね~
にゃはにゃは~~

るび~ちゃん、なに見てるの~~?

ポチ凸
[ 2006/01/04 17:45 ] [ 編集 ]
ルーブル美術館、一度は行って見たいのですが、私もパパも大の人込み嫌い…。
行列に並んだことも無いヘタレコンビなのですv-15
超大金持ちになって、ルーブル美術館1日借り切ってドナウも一緒に入場して…宝くじの1等、何回当たればいいのだ?????
[ 2006/01/04 17:51 ] [ 編集 ]
こんにちわ
雄平@実りのときブログ
です。本年もよろしくお願いいたします。

>ルビーからのお告げ1:ある程度のあたりをつけて臨めよ!

これは、ぜったい必要ですね。特に、モナリザが見たいのなら、朝一番に入館してわき目もふらず、モナリザの前に直行するのがよいと思います。
ルーブルの入館者の70パーセントはモナリザを目指すといわれます。
してください。

では、また。
[ 2006/01/04 18:37 ] [ 編集 ]
年末、年始忙しくしておりまして、年始のご挨拶おそくなってごめんなさい!
今年ももも&さくらと仲良くしてやって下さいね☆
よろしくお願いします!

ルーブル美術館、いつか~行ってみたいと思いますので、参考にさせていただきま~す(#^^#)
[ 2006/01/04 19:17 ] [ 編集 ]
BUON ANNO NUOVO
フランス語では何て言うのかしら?
今年も宜しくお願いします^^

去年モナリザを観た時は「止まるな!」「写すな!」
って係りのお兄様が怒鳴りまくっててびっくりしました~
まるで昔々モナリザ様が来日されたときのよう!?
私が添乗員時代は廊下に普通にかかっていて
今にも手が届きそうな距離にあったし、いつまでも眺めていられたのに・・・
ルーブルはとても見ごたえのある美術館ですが
個人的にはゆっくり眺められるオランジェリー美術館が好き♪
(あ!去年は改修工事中で観られなかったのですけど・・・(T_T)
[ 2006/01/04 19:45 ] [ 編集 ]
ルビパパさん・ルビママさん&ルビー
こんにちは〜!!
ホント、今年は(いやいや去年もですよ)かなり
気合い入ってますね〜。これは丁寧に+裏情報まで書いてあるからかなりお役立ちですね!
私達もいつももっと役に立つ情報を書かなきゃ!
って思いつつ、今日もやっぱり馬鹿話(^−^;)
ちょっと見習ってがんばってみようかな・・・。
[ 2006/01/04 22:40 ] [ 編集 ]
そんなに広大なんですねぇ。
1、2時間でさらっと見たいって感じじゃないんだ。
私も台湾に行った時に呼吸博物館を地元の方に案内してもらった時、広くて広くて足が痛くなっちゃいました。
日本の美術館や博物館ってちんまりした所が多いから、歩きつかれるなんて想像もしませんでした(笑)

プチライオンのルビーちゃん王者のたたずまい!
では、今年もよろしくお願いします。
[ 2006/01/04 23:02 ] [ 編集 ]
ルーブルは行ってみたいですよね~~
といいつつ、ルビーちゃんって足長くないですか?
我が家の基準以下のダックスを見慣れているせいかな・・・
すっと伸びた前足が本当にライオンみたいにキレイです♪
やっぱ、ウチのチビデブだわ・・・
[ 2006/01/04 23:44 ] [ 編集 ]
昔、ルーブル美術館を前に、ウチの夫は、「ココって有名?」と私に聞いたことがあります。
芸術に全く興味の無い人はここまで無知とは恐いと思いましたよv-394
「モナリザがある美術館」と言ったら、「じゃ、それだけ見た~い」って、無知だけど、ミーハー?
中に入ってしまえば、こっちのもの!
丸一日、足が疲れるほど、見てまわりました。
[ 2006/01/04 23:44 ] [ 編集 ]
ワタシが、ルーブルへ行くときは不思議と込んでなくて、すんなり入れちゃうことが多いのですが、モナリザの辺りは、結構な人だかりですね。。。しかも、スリが多い!!
ゆっくりと、見たいもの決めていくっていうのは、大賛成!
個人的には、オルセーのドガの踊り子達の絵が大好きです☆
[ 2006/01/05 00:25 ] [ 編集 ]
なるほど、お告げ、ためになります!
私の場合、好き嫌いが激しいんで、特に気をつけないと!
確かに貴重な時間を無駄にするのは勿体無いですよね。
知らないって言ってくれるとまだ助かりますよ。
いい国ですよ、おフランス。
有名な話ですがアメリカ人は平気で知ってる顔しますから、ええ^^;
非常~に、迷惑な話です。
[ 2006/01/05 05:25 ] [ 編集 ]
good morningv-278

ますます、フランスに、飛んで行きたくなりましたよ。v-19

毎日楽しみでーす。
つづきは、「あしたのこころだっ」 by 小沢昭一
                          (TBS)

じゃ。色付きの文字
[ 2006/01/05 07:32 ] [ 編集 ]
★★★たくさんのコメントを頂いて、ありがとうございます。(Merci beaucoup!)★★★
           
◆りくままさんへ
こちらこそ、今年もよろしくお願いします!
ルーブルの入り口に限らず、日本に較べれば街中の看板というか案内板の少なさ、目立たなさって大きな違い
ですよね、たしかに。あっても、こんな目立たないところにちょこっと書くなー、みたいな。。
景観を守るためにやっているという面と、観光立国でありながらあまり観光客には優しくないという印象も・・・
一長一短ですよね。あ、ルビーの目線の先は・・・やっぱりお気に入りのおやつです!

◆NAOさんへ
いらっさいませ~ 遊びに来てくださってありがとうゴザイマス♪
フランス入国自体は、さほど問題なかった(書類の面倒はありましたが)ですが、環境の変化は大きかったですね。。
あいかわらずルビーはお留守番が苦手になったままです。飼い主のトレーニング不足も原因だとおもいますが。。
日本に帰る準備も2004年11月~の制度変更により、いろいろとやらないといけないことが増えましたよね。
でも条件を満たしていれば即日で成田を出られるっていうところだけは唯一、進歩でしょうか。
パリでの美味しい話し、美しい話しばかりでなく、トホホなおパリにも期待してくださいね!
外から見るとイメージのいいところばクローズアップされがちですが、さまざまな面をお伝えしたいです!
これからもよろしくどうぞ。

◆くろいぬなみーたさんへ
あ、やはりスペインもですかー。マドリッドで3つの美術館に行きましたが、たしかに似たような状況だったかも
しれないですね。。トホホ。
ルーブルは、まだまだいろんな楽しみ方があるとおもいますが、少しずつとりあげみたいとおもいます!
やっぱり、なんだかんだいってもパリを代表する観光地ですもんね。

◆Sarhtoさんへ
ライオンを意識したのかしらね、ルビー。ルビーの目線の先には、ルーブル宮の行列?!
いやいや、やっぱり大好きなおやつかなー。それがないと、あんなに真剣な顔しないよね、ルビー。。。

◆らりさんへ
行列苦手! うーん、おフランスでフツウに暮らしていると毎日のように列に並びます。。スーパーのレジなんて
やばいですよ。どんなに客が大勢並んでいても店員はおしゃべりに余念ないですから。。
ま、おっしゃるとおり超大金持ちになると話しは変わりますよね。ルーブル貸切り、、アラブの石油王だったら
できるかな?!

◆雄平さんへ
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
日によって、時間帯によっては空いていることもあるんですが、込んでいると判断したら、おっしゃるとおり
確かにわき目もふらず、、かもしれませんね!
世界中からいろんな人が来ているので人間ウォッチも意外と楽しかったりしますよ!

◆桃子ママさんへ
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします!
ルビーのさらなる活躍ぶり?!期待してくださいねっ
(ガイドつき)ツアーとかであればまた違うかもしれませんし、日によって・時間帯によっても状況変わったり
するので絶対ってわけではないんですが、ぜひぜひいろんな情報を事前に確認しておくことにこしたことないです!
それでもフランスって、現地にいってみると話しがちがったり、、なーんてこともよくありますけどね、、、トホホ。

◆marinさんへ
Bonne Annee!!(ぼなね!)
2005年の途中から、管内でも写真撮影が禁止になったみたいですね。(どうも全箇所ではなく特定の場所だけでNGの
看板が出ているように見えますが。。)
それまでは、モナリザであろうが、みなさんバシバシ撮ってましたよ!
しかもみんなフラッシュたきまくり・・・いったい絵は大丈夫なのか? っていうか、置いてあるのはダミー
なんじゃないでしょうか。。モナリザの目の前では、小さい子どもが一番近くまで近寄れるスペースがあって、
そこで何人かの子どもが絵を描いていました。ちょっと日本にはない光景でホノボノですね。

◆ERIさんへ
しょっぱなから飛ばしちゃいました?! 2006年はなんてったって戌年ですから~。(2006年も後半になれば、
きっと戌年だったってことも忘れそうですが。。)
お役立ち情報、なるべく書こう、書こうと思っているんですが、おフランスなだけになかなか要注意ですよね。。
公式情報はネットに必ずしも最新で載ってないことは多いし、現地にいってみると状況ちがったり。。
つねにトホホなパリと紙一重です。。

◆ようこさんへ
ルーブルは超巨大! いろんな説がありますが、きちんとすべての美術品をみるとしたら3ヶ月かかるって
いう人もいます。でも、有名どころをピックアップしてみるのが一番効率的かな??
ルビー、目が超真剣なまなざしになっている、、、そうです。目線のオヤツがあるから。。そんなときくらい
ですね、あんな真剣なまなざし。 こちらこそ、今年もよろしくお願いします!

◆ネコ娘さんへ
足長く見えますか! ワレワレもなんとなくダックスにしては足長いんじゃないかなーってずっと思ってました。
っていうか、童顔で、毛はあんまり伸びてこなくて、足もダックスっぽくない・・・なんだかへんてこりんな
ルビー! ぱりじぇんぬ犬への道は長いよ~! 

◆chamaさんへ
モナリザさんも、ほんとに有名人ですよねー。モナリザの特別室いままで何人きたんでしょうね。。
のべにしたら世界中の人口 50億近くいってたりして。。
ほんとに足がつかれますよね! ワレワレも少し歩いては休憩、また休憩・・・です。あと、天井とか高いところを
やたらみるので首が凝ります! 肩こりもちの方、要注意です!

◆DaPaDa et ユリスさんへ
さすがDaPaDaさん、混雑してない時間帯を自然と避けてしまうとは、、、とおもったらスリ情報ですか!
確かにモナリザの特別室付近は要注意ですね。スタッフも多いですが、それ以上にあの混雑振りなら、
さっと後ろからぶつかったふりをされてスラれてもおかしくないです! 

◆Pawさんへ
「知らない」って堂々と答える人(その自信はどこから?)、そしてもう一つ、やはりおフランスにも、
「知らないのに知っているふりをしてしゃべる」人、(やはり堂々としている)いっぱいいますよ!!
コンサート会場で、この座席はどこ? って聞いて、3人に聞いたら3人とも違うこと、いわれることも
ザラです。空港でもよくあるかな・・・(え?ワレワレだけ?)
なんなんでしょね、ほんと、トホホなおパリで特集記事くみたいくらいですっ

◆ウランパさんへ
ありがとうございます。いろんなジャンルのことを、少しずつご紹介していきたいと思いますが、
なにせ主役は我が家のルビー! つぎのネタが何になるかはルビーしだい?! なーんちゃって。
小沢昭一さん、、、HPでTBSラジオ放送の音声も聞けちゃうんですね、、、スゴイ世の中だ。
[ 2006/01/05 07:52 ] [ 編集 ]
お気軽にコメントをどうぞ!













ルビ家にのみ表示したい場合、確認画面でチェックボックスをONにしてください 
この記事のトラックバックURL


カテゴリ別に読む方はこちらから!


~サイトマップ~
現在、工事中・・・

最近のコメント
  • 06/03:アレまま

  • 05/30:るびー

  • 05/26:Mouvette

  • 05/25:Miya

  • 05/16:dackies

  • 05/14:アナキョンジャ

  • 05/13:chama

  • 05/13:phary

  • 05/13:ネコ娘

  • 05/12:RUU

お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。