ぱりじぇんぬ犬ルビーの日記

~Mダックスのルビーと共にお贈りする、パリ日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リュクサンブール公園でお散歩 

こんにちワン!
ルビーです。U^ェ^U  

リュクサンブール公園にお散歩に連れて行ってもらいました。
るんっ♪


お華がたくさん


色鮮やかです。



さて、この公園、パリのなかでもとっても大きな公園のひとつ。
芝生もきれいだし、日曜日にはたくさんヒトがあつまっているみたい。

でも、ワタシが歩くと警備員のオジサンが注意してくるエリアがあります。

リュクサンブール公園全体図

ルビパパ・ルビママ曰く、青で囲った部分は今のところ、OKみたい。
でも青で囲ったほうの左側の方は、正確な確認まではとれてないとか。
それ以外の場所は・・・ダメなんですって。 UTェTU
・・・ってほとんどの場所がダメじゃないっ!

きちんとした案内版はどこにもないみたいだし、警備員もヒトによって対応が違うんですって。

?U@ェ@U ? ワンともややこしーい!

あ、ダメっていわれるエリアでも、カバンにはいってればいいそうです。

ようは、芝生には入るなってことなのかしら。
わたしはべつに、オシッコしたりしませんよー! ふんっ
家のトイレシートでするようにしてますから。(でもたまに失敗)

キョロキョロ・・・


「あっちの芝生で遊びたーい」



この公園、ニューヨークの自由の女神像とおなじものが!
パリにある自由の女神像は、セーヌ川のグルネル橋のたもとにあるもの
が有名ですが(高さ11.5m)、ここにあるのはもっとちっちゃいんですね。
自由の女神の原像  自由の女神原像の説明板


説明版(下の写真)によると、1900年のパリ万国博覧会時、
ニューヨークの自由の女神像を作る際に使用したブロンズの
「原型」がリュクサンブール美術館に彫刻家のバルトルディさん
によって提供され、1906年にこの公園に移管されたとか。
(ホンマかいな。)うんちく終了。



こちらは少し前、5月ごろに撮った写真です。
季節ごとにいろんなお花をたのしめますね。
5月頃




読書、昼寝、ヨガ、、、いろんなことをしているヒトがいました。
あ、お子様用ミニ・アスレチックのエリアがあったり、ポニーにも乗れるんですって。
バラエティに富んだ公園ですね。

のんびり眺めを楽しむのによさそう


でも、芝生はかけまわれないしー。

のんびり、くつろぐのが一番いいかもしれません。
(大人のコメント byルビー)

U ̄ー ̄Uニヤリッ


にやっ!

スポンサーサイト
ルビーちゃんのブログは、写真見てるだけで満足してしまいます(*´▽`*)
そちらの公園は、公園なのに、わんこがダメな場所もあるんですね?理由知りたいですね?
お花がとても素敵なのですが、日本とは花壇の作り方など違うのですか?あ・・・なんかドサドサっと植えたような感じがしますが・・・。ダイナミッ~ク!
[ 2005/10/03 08:56 ] [ 編集 ]
どこを見ても絵はがきみたいですよね~
日本人純血種としては溜息だらけです・・・
ワンコ関係ではフランスってあまり名前が挙がらないんですけど、何か理由があるのかなぁ・・・
[ 2005/10/03 14:11 ] [ 編集 ]
警備員さんによって応対が違うってのがなんとも…。
日本もワンコ禁止の公園ができてるらしいですからねぇ。
みんながう○ち拾うとか最低のマナーを守ればそこまで厳しくしないんだろうけどもね。

のんびりくつろいで、公園内の移動はバックの中。
ルビーちゃんお姫様ですねぇ。
[ 2005/10/03 23:10 ] [ 編集 ]
私も早速遊びに来ました。
綺麗に整備されている公園ですね、大きいし!
芝生も見事でこんなに綺麗だと犬はダメっていうのも
分かる気がします。
警備員によって対応が違うとは、面白いですね。
エレガントなパリの景色にすっかり溶け込んでるルビーちゃん
とっても可愛いらし~い!笑顔も素敵です♪

[ 2005/10/04 02:49 ] [ 編集 ]
せっかくの公園なのにーって感じですよねえ。
でも意外にワンコだめですっていう公園、おおいんですよ。
ルビパパの勝手な推測としては、公園の芝生を手入れしている役所?のヒトにとって、ワンコのフン・しーは芝生の大敵。片付けない人多いし、ってことで「見るだけ」にしてるのかも。人間もはいっちゃだめーっていう芝生、これまたけっこうあります。

お花、たしかに「ダイナミック」っていう表現がいいですね・・・とにかく植えている数、規模がおおきくてびっくり。
[ 2005/10/04 03:18 ] [ 編集 ]
今回のお写真は、ルビパパ撮影ですが、きっとだれだって写真かになれますよ!
風景最高! でも路上のゴミ・フンは最悪!っていう感じです。

あと、フランスでは、ダックスをめったにめったに見ません。(ドイツ産だから?)
フレンチブル、トイプードル、ヨークシャーを街中ではよくみかけますね。
[ 2005/10/04 03:23 ] [ 編集 ]
そうなんです!
公園に来たのに、移動がバックの中・・・ (^^ゞ

ルビーは楽なのでいいみたいですけど。
すっかり箱(袋)入り娘のアマエンボウ、、こんな娘に誰がした~

U^ェ^U ワン(笑)

[ 2005/10/04 03:31 ] [ 編集 ]
> 警備員によって対応が違うとは、面白いですね。
⇒ ラテン系のお国ということで。。
  同じヒトであっても、そのヒトの機嫌や状況によってまた言うことが違ったりもしますよね。

 まあ、あまり気にしないようにするのがコツなんでしょうか。

まだまだ、ぱりじぇんぬ犬にはなりきれないルビーですが、
どうぞよろしくおねがいしマース。

[ 2005/10/04 03:41 ] [ 編集 ]
お気軽にコメントをどうぞ!













ルビ家にのみ表示したい場合、確認画面でチェックボックスをONにしてください 
この記事のトラックバックURL


カテゴリ別に読む方はこちらから!


~サイトマップ~
現在、工事中・・・

最近のコメント
  • 06/03:アレまま

  • 05/30:るびー

  • 05/26:Mouvette

  • 05/25:Miya

  • 05/16:dackies

  • 05/14:アナキョンジャ

  • 05/13:chama

  • 05/13:phary

  • 05/13:ネコ娘

  • 05/12:RUU

お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。