ぱりじぇんぬ犬ルビーの日記

~Mダックスのルビーと共にお贈りする、パリ日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オランダ旅行~番外編 

シリーズでお伝えしてまいりました、5月前半のオランダ旅行。

お写真を整理していたら、イロイロと思い出してきました。
亀レスならぬ、亀記事アップ(?!)ですが、オランダ旅行の最終回、番外編でーす。

IMGP1543.jpg
~アムステルダム中央駅、駅前です。
 多くのトラムのターミナル(終着駅)にもなっています。
 このトラムは、移動に便利。今回の旅ではけっこう活用させてもらいました!


これまでのシリーズはこちらからもどうぞ。
(1)満開のチューリップ~キューケンホフ公園
(2)風車のある風景~キンデルダイク
(3)運河クルーズ~アムステルダム
(4)お食事編~アムステルダム
(5)郊外より~アムステルダム


これも書かなければ!というのが、「タリス 帰りの便」での出来事。

R0010618.jpg
~タリス車内で。ルビちゃん、バックから出てきて一呼吸。
 やっぱり4時間もカバンに入っていると、窮屈だよねえ。
 乗る前に、きちんとトイレシートにしてくれて、おりこうさん、これで
 パリまで一安心・・・と、思いきや・・・。


既に、ホテル予約時のプチ・トラブルもありましたが、ルビー家の旅行に
トラブルは必ずや、つきもの??
(それもまあ、だーいぶ後になったらいい思い出になるのかもしれませんが)

帰りの列車タリスでも、ちょっと面倒なことが。

アムステルダム中央駅で帰りの便に乗る前、チケットを見て「あれ?」
チケット上に、発車時刻、列車番号、車両番号までは書いているものの、
座席番号が書いていない。

まさか自由席??と思っていたら、周りの他の皆さんはきちんと座席番号が
入ったチケットを持っていました。 

実はこれ、すべての指定席の人が乗り込んだ後、空いている席に座るしかない
というチケット。これでは二人で並んで座れる可能性も低い・・・
(行きのチケットはよく見ていたんですが、帰りのチケットを事前によく
 チェックしてなかったことを後悔)

乗り込んで、列車が発車してから、なんとかかんとか二人並んだ席を確保。
(他はすべて満席)
その後しばらくして、車掌さんが検札にやってきました。

その時の会話。

ルビ家「このチケットでは、座席番号が確定していないようなのですが、
今、座っている座席は、パリまで空いていますか?」

車掌1「その座席はだめだ。デンハーグから人が乗ってくるから。
デンハーグに着く前にどきなさい。デンハーグについてからどいたのでは遅い。」

ルビ家「はあ???」 (このオヤジ、でかい態度だなーっていうところで、カ・チ・ン

「じゃ、どこに座ればいいんでしょうか?
 ワレワレはきちんとチケット買ってるんですけど」

車掌1「君たちはラッキーだ。アムステルダムでは、この列車に40人乗れないで
明日の便になっているんだぞ。車両の外側(車両と車両の間のところ)に行きなさい」

「はああああ????
 (それって要はダブルブッキングしちゃったってことじゃないの?
  あんたがたの問題では?)他に空いている席はないの?」
 
車掌1「それはわからない」


・・・もうこのオッサンはラチが明かないと判断。絡むのもやめました。
「ワタシは30年この仕事をやっている」とか、もう態度が超Lサイズ、
かつ権威主義的。30年もこの程度のサービスですか?

いるんですよねー、たまにこういう人。
皆さんも気をつけましょう。


その後、車両と車両の間の音のうるさい(しかも揺れる)通路でたたずんで
いたところ、他の車掌さんが気がついてくれて、他の車両で空いている席を
探してくれました。やはり、本来こうあるべきでは??

ただ、情報が混乱しているらしく、一度パリまで空いているといわれた座席に、
本来の座先番号を持った人がやってきて、もう一度他の号車の座席をこの車掌さんが
探してきてくれました。

日本だったら、発生しがたい問題だとも思いますし、万が一発生したらプロ
として当然の対応に思えますが、こちらの車掌さんが天使のように見えてきてしまいます・・・。

車掌1の名前を聞いておくべきだった・・・と、ひとつ勉強。
不快な思いをしたときは、きちんとクレームをすべきかもしれません。

クレームしても改善されない可能性も大ですし、却って逆恨みされたりすることも
ありますので、自分にとって大きな問題でなければ、忘れる、あるいはこうやって
ブログや会話のネタにする、というのも手だと思いますが。
在ヨーロッパの皆さん、どうしてるんでしょうか~。


自分に余裕があれば、なんとも思わない場合もあるんですけどね。
まだまだ修行が足りないって感じでしょうか。

それから、、、タリスのチケット予約はインターネットでできますが、
座席番号が出てないチケットは要注意です!
(予約時の最後に画面上にでます。うーん、その時は確か出てたはずなんですが・・・)
その後送られてきたチケットの確認もしっかりと!
同じ値段払って、車両と車両の間で4時間なんて、かなりきついですよっ。



さてさて。

☆ちなみに、オランダ国内列車は、こちらでチケットを買います。
 が、現金は受け付けない! クレジットカードが使える機械でも
 マスターカードのみ!と、かなり不便な思いをしました。。 
IMGP2018.jpg
しかも、窓口にてクレジットカード決済でチケットを買おうものなら、
1枚あたり50centの手数料をとられます。オー、マイッガッ!!


こちらは、オランダのお土産でーす。
IMGP2052.jpg

やっぱりオランダといえばゴーダチーズ。お決まりですが、買ってきました。

今回は、ワンコ連れ旅行っていうことで、いろいろと制約もありました。
そのひとつが、美術館。
このお写真で気づかれた方もいらっしゃいそうですが、ファン・ゴッホ美術館
アンネ・フランクの家には行ってまいりました。
が、当然ルビーは一緒に入れないので片方だけ・・・
(時間的にも、交代で両方が入る余裕まではなかったので)

ちょっといいホテルだったら、交渉してホテルのフロントとかでワンコを預かって
もらうっていう手もあったかな?
(まさか美術館前で、おとなしく待ってくれるわけはないですからねー。
 もしくは、ルビーが自分ひとりでちょっくら散歩に行ってくるとか。
 海外ではワンコの誘拐もちょくちょく耳にしますので。。)



それから、こちらも!
IMGP2054.jpg
あまり上着を持っていかないで行ったのですが、さすがに夜はちょっと冷えました。
で、ルビママしかも風邪っぴき! で、急遽、羽織るものを・・・ということで
買ってみたオランダ・パーカー。(ちなみにこのお写真のモデルはルビパパです)



こちらは、公園にあったもの。パリと一緒ですねー。
IMGP2034.jpg




こんなビニール袋が入ってます。
そうです、ワンコの落し物用ですね。
IMGP2047.jpg
記念に? 頂いて帰りました。。。



このお写真、なんだかわかりますか??
アムステルダム中心街で、閉店したあとのレストランを表通りからパシャリ。
IMGP1962.jpg
・・・な、な、なんと、どこから入ったのか? ノラ猫らしきネコちゃんが、
レストランのショーウィンドウのなかを徘徊・・・
うーん、このレストランにはちょっと入りたくないなあ。



イロイロとハプニングもあったものの、オランダ、いい季節にいけてよかったです!
IMGP1680.jpg
また、いつかチューリップをもう一度見に行きたいですね。


☆mU^ェ^Um☆ よろしかったら本日もワンくりっく、よろしくおねがいします~♪
人気blogランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へブログ村へ
画像が表示されない方、テキストリンクはこちら!⇒人気blogランキング
スポンサーサイト
本編も面白+ためになりましたが、番外編、更に読み応えありました。

態度がデカイ車掌、憎たらしいですね。
こういう人ってドイツだけかと思ってたら、ヨーロッパにけっこう生息しているわけね。

で、こっちが強気に出ても
「そのチケットを発行したのは私じゃない。」とか何とか言うんですよね。

絶対自分の非を認めないんだから。
もしかしてその車掌さん(「さん」をつけるのも嫌ですね。)ドイツ系の人だったりして。

[ 2006/05/31 00:18 ] [ 編集 ]
あはは♪ヨーロッパってどこに行ってもみんなこんな感じのひとがいるんですねぇ。わたしも最近はずうずうしくなってきたので、席のダブルブッキングのときはスペイン語、英語がまったく分からないフリをしてそのまま居座ります。だってちゃんとチケット買ってるのにどかされるなんてどう考えてもおかしいですよね?(しかもこれオーケストラのコンサートでやられました。)まあそのおかしさがまかり通ってしまうのがヨーロッパのすごいところですが。
でもこれも笑い話になりますよきっと。
[ 2006/05/31 01:52 ] [ 編集 ]
この国はどうしてこんなにいい加減でも成り立っているのか不思議で仕方ありません(ー’`ー;)
誰も気にしないから成り立ってるのかなぁ?

オー、マイッガッ!!はカタカナ表示の方が
英語より的確に気持ちを表現している気がします。

オランダパーカー、後ろにも”オランダ”って
書いてあったらよかったですね(^-^)
「オラんだ?」 失礼いたしましたぁ~
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( ̄∇ ̄)┘フハハハッ 凸!
[ 2006/05/31 06:29 ] [ 編集 ]
ダブルブッキングっていうか、座席番号が無いチケット結構あります。。。席を確保出来れば良いけど、同じお金払ってるのにとっても理不尽ですよね!!
自由席ってカテゴリーもあるのかな?でも、それだったらもっと安いはずですよね。

ルビパパ、パーカー似合ってますよ~♪
凸!!
[ 2006/05/31 07:43 ] [ 編集 ]
「車掌さんが天使のように…」笑えました^ー^
色んな国に行けるような環境にお住まいなお二人と一匹ちゃんが
心の底からうらやましいです。。
ヨーロッパ内だとワンコの検査書類みたいなのって必要ないんですか?
ますます、うらやましいです。。(>_<)
[ 2006/05/31 09:18 ] [ 編集 ]
日本のように思うように事が運ばない、受動式珍道中ですね(^^;)
う~ん....日本ですら「ふざけてる!」と憤慨することが多い私には、かなりそちらの生活は無理そう。

小学生の時に仲良しだった友達がオランダ人で
1度訪れたいとは思うのですが.....
[ 2006/05/31 09:33 ] [ 編集 ]
ええ~!
いろいろとハプニングがあったんですね。
でも・・結構な時間を乗るのに、ちょくちょく席を移動させられたんじゃ、ゆっくりくつろぐ事もできませんよね。
「30年もやってるなら、プロ意識を持って、しっかり責任を果たして下さい!」って言いたくなっちゃうかも(笑)

でも、キレイなチューリップを見たら、そんな思いをしても、また行きたくなっちゃいますよね~(^ー^*)
[ 2006/05/31 12:47 ] [ 編集 ]
列車って結構予約が大変ですよね。イタリアに行った時なんて、主人があまりの態度の悪さに日本語で怒鳴ったりしてました(笑)
レストランのショーウインドウに猫・・・(@o@)//
これはビックリですね。
色々な出会い(?)があって羨ましいです。
[ 2006/05/31 13:10 ] [ 編集 ]
98%は時間通りに運行できないシドニーのCityRailもひどいものだと思っていましたが(そのためにAUで長距離列車に乗る勇気が出ません・笑)、さすがはヨーロッパ!非効率性も歴史が長そうですね。私達も駅で6回違うプラットフォームに案内されたことがありました。しかも最終的に「絶対これだ」と保証されて乗ったのは、行き先は同じでも買った特急・指定席ではなく、各駅停車の鈍行自由席!向かい合わせに座った地元のおばちゃん達と、辞書を片手に2時間会話するという拷問のような経験も今ではいい思い出(笑)です。
[ 2006/05/31 18:34 ] [ 編集 ]
日本でもこの間JRで終電近くの山手線が人身事故で止まっちゃって、やっと動いたのですが、当然乗り継ぎの電車は終わってる・・・。
車内放送では各乗り継ぎ駅で対応しておりますってゆ~ので、恵比寿で降りたら、「地下鉄の乗り継ぎには対応してません」って!
なら最初からそう言ってよ!「じゃあ渋谷からなら東急だと対応してますか?」って聞いたら「多分」多分ってなんだ~!!
「あなたそんな無責任なこと言っていいわけ?じゃあ渋谷行ってみますけど、その前にあなたの発言に責任もってもらうために、名刺もらえます?」って言ってしっかり名刺もらいました(笑)。
しかし日本だからよかったものの、それをフランス語あるいは英語で言い切れる自信はないかも(爆)。
きゃ~長いレスになっちゃった~。ごめんなさ~い。
[ 2006/06/01 00:34 ] [ 編集 ]
ヨーロッパのサービスはどこも似たようなものなんですね~
ホント日本にいて良かったと思います。
でもでも天使の車掌さんがいて、ちょっと嬉しい
世の中捨てたもんじゃないですよね♪
[ 2006/06/01 01:21 ] [ 編集 ]
◆pharyさんへ
あくまで「イメージ」ですが、ドイツなんてとっても時間にもきっちりしていて、対応もしっかりしてそうな
ものですけどねえ~。「自信を持った態度」と「傲慢な態度」、ほんとに紙一重。もちろん親切で誠実な方も
おそらくいらっしゃるんでしょうけど、一部の後者の人のために不快な思いをしちゃうんですよね。
まあ、きっとあと30年後も「ワタシはこの仕事を30年やっているんだ・・・」なーんていう人がやっぱりどこかに
いそうな気が。。

◆くろいぬなみーたさんへ
オーケストラでも! うーん、それはまたトホホな状況ですよねえ。
でも、ずうずうしい人たちには、おなじようにずうずうしく対応するって言うのはたしかに手だと思います。
ここで日本人の美徳、「謙遜」とかはまったくもって美徳ではないようなので。ワレワレ日本人的には、
うまくTPOみて「使い分け」できればいいですね。

◆ERIさんへ
オー、マイッガッ!!の、ニュアンス、汲み取っていただけてうれしいです。
(そう叫びたいけど、叫べない微妙な空気)
オランダパーカー、もうこうなったら自分で背中に「おらんだ」って書いて、今度着て行こうかなって
ちょっと思いましたがやめておきます。。

◆DaPaDaさんへ
おおっ、座席番号がないチケット、もしや経験者ですか?
タリスはそもそも全席指定席のはずなので、ネットで見ても自由席というカテゴリーはないと思います。
あと、なぜダブルブッキングだな、とわかったのか。おじさんが(紙を見ながら)「アムステルダムでは40人、電車に乗れずに外で待っている」
といったところ。なぜ彼は「40人」という人数を把握しているのか??
まさか、チケット売り場で並んでいる人をカウントした?? コンピュータ上になんらかのすでに発行された
販売チケットかナニカの、ダブルカウントされた数字があったからこそ「40人」という数字が口から出てきたはず。
ちなみにアムステルダムのチケット売り場でもとくに行列とかはありませんでしたけどね~。(真相はナゾ)
パーカーは、まだまだ寒いので活用してます!

◆Pawさんへ
EU域内の移動は、日本でいう国内旅行の感覚でいけるところが多いですよね。
ワンコのEU域内の移動についてはペットパスポートが必要です。(まだ実際にチェックされたことはありませんが)
http://rubyinparis.blog22.fc2.com/blog-entry-233.html
まだまだ国によっていろいろ規定は少しずつ違うんですが、全世界的にちょっとずつ事務手続きも簡素化していって
ほしいと思います!

◆yukoさんへ
オランダ、行くならやっぱり春~夏では! (冬場は運河沿いもさすがにちょっと寒そうな気がしました)
オランダの方、背が高い人が多いので、そのお友達の方も実はすっごく身長伸びてたりして??!!
今回も「やはり」なにかありましたが、まあいつものことなので~。
日本の高いサービスレベルをあらためて感じることができて、それはそれでいいのかもしれませんよ、なーんてね。

◆マミィ / さっちんさんへ
いやはや、ビールやおつまみをしっかり買いこんで、さあ飲みますかっって意気込んでたんですけどねー。
あとパソコンのDVDでも見ようかとくつろぎタイムにむけて張り切りモードだったんですが。。
まあ、ドタバタであんまりゆっくりできませんでした。。まあ、そんななかでもルビーがおとなしくしてくれていた
ことは救いだったかな。じつは旅の疲れで寝ていただけかも?? o(^▽^)o

◆はるかさんへ
怒っていることを伝える手段として、日本語でまくし立てるっていうのも確かに有効だと思います~。
大阪弁とかのほうがいいかなー、なんてね。
ショーウィンドウ徘徊中のネコちゃん、なにやら食べていたのが気になる・・・ 観光客の人が集まって、みんなで
写真撮り捲ってました。。翌日もそこのお店を通りましたが、さすがに入らなかったですねー。

◆Dackiesさんへ
日本的感覚だったら、ホーム付近にいる鉄道職員なんて、みんな案内できるのが普通じゃないですか。でも、ここでは
違うんですよねー。「私は知らない」って素直に言ってくれるほうがまだいいですよね。下手に「あっちだと思う」っていう
オレ流・個人的見解は、もうコリゴリ・・・、最近ルビママはもう直感で「この人は分ってないな」とか、わかるそうです。

◆bonbonさんへ
日本も電車関係のいろんな問題、最近ではじめてますよね。まあ、日本の場合はまた違った問題というか、あまりに
高レベルのサービスを維持するのが大変っていうか、、、パリのメトロなんて、時刻表、ないですもんね!
こちらでは、みんな自分の責任はもたない「オレ流・個人的見解」なので、駅員に聞くのもあくまで「参考意見」
として、、って感じですかね~。代わりに、自分の「カン」のほうは徐々に養われていっていく気がします。

◆ネコ娘さんへ
日本の高いサービスレベルはほんとにあらためてすごいと思いますよ。
まあ、あまりにそのサービスレベルを意識しすぎて、お客さんのほうもちょっとしたことでイライラしがちだとは
思いますけどね~。たぶん、ワレワレが日本に帰っても、電車が2-3分遅れたくらいではなんとも思わないかもしれません。。
なんていったって、地下鉄で電車がちょっと止まってしまったとき、運転手が「俺のせいじゃない」ってアナウンス
するくらいですから~。(線路内に侵入した人がいたらしい) (ノ∇≦*)
[ 2006/06/01 05:49 ] [ 編集 ]
ネコちゃんにビックリ!どこから入ったんでしょう??

お金払って予約したのに、ひどいですね~。
さすがにそんな目にあったことはないのですが、
日本の駅員さんでも、年配の人だと、態度悪いってときが結構ある気がします~。偉そうな人とか。

お土産って見てると楽しくなりますね。ポチ★
[ 2006/06/01 12:26 ] [ 編集 ]
年をとったり、長くなにかモノごとを続けていても、誠実・初心忘れずにいたいものですよねっ。
日本のサービスはそれでもまだまだかなり高いレベルだと思いますよ~。
どこに行っても、いい人・いただけない人は必ずいるもんですが、運悪くいただけない人と出会っても自分が乱されないようしたいものですね~。
まだまだ修行が足りないルビ家です。。☆応援いつもありがとうございまっす!
[ 2006/06/02 04:03 ] [ 編集 ]
お気軽にコメントをどうぞ!













ルビ家にのみ表示したい場合、確認画面でチェックボックスをONにしてください 
この記事のトラックバックURL


カテゴリ別に読む方はこちらから!


~サイトマップ~
現在、工事中・・・

最近のコメント
  • 06/03:アレまま

  • 05/30:るびー

  • 05/26:Mouvette

  • 05/25:Miya

  • 05/16:dackies

  • 05/14:アナキョンジャ

  • 05/13:chama

  • 05/13:phary

  • 05/13:ネコ娘

  • 05/12:RUU

お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。