ぱりじぇんぬ犬ルビーの日記

~Mダックスのルビーと共にお贈りする、パリ日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ルビーのホームステイ 

ルビパパ・ルビママのボーヌ・ディジョンへの旅行中、ルビーは、
パリ郊外のフランス人家庭にホームステイをしていました。

フランス人家庭にお泊まりするのは、ルビーにとって初めての経験。
私達の旅行は1泊でしたが、その前後、3泊4日のホームスティ。

ルビーと一緒に旅行に出かけるのも可能だとは思いましたし、
実際にワンコ連れも見かけました。

でも、ワイン祭りで賑わう人込みの中、歩かせるのも躊躇しましたし、
ワインの試飲会場にルビーを連れて行くのもなーと考えて。。

さすがのフランスでも、美術館にはワンコは入れませんし、
たまには離れないと!・・・・ね。


ホームステイ一人旅に出発時のルビー。(道中の、車内後部座席にて)
aR1003549.jpg
「なにか異変を感じるわん・・・」 byるび


日本では、ペットホテルもドンドン増えているそうですし、
ペットシッターに預ける方も多いのかな?

パリにもペットホテルはありますが、そんなに数は多くないですし、
設備がしっかりしていて、かつ信頼できるところは本~当~にわずか・・・
なのだそうです。

お世話になっているフランス人の動物行動学の先生の話しでは、信頼できる
ところは50軒あたって1軒あれば良いくらい、とのこと。まじめな先生
なので、求めるレベルが高いのかもしれませんが。
(この先生とルビーの出会い、そして留守番訓練については、別途ご紹介しますね!)

預ける前に必ず下見!というのが、その先生の持論。
ルビ家も、日本にいる時から、もちろん必ず下見派です。
週末がつぶれて大変だけど、ワンコは大事な家族ですからね。

フランスに来てから、週末を使ってパリ郊外を5,6軒は実際に下見したかな・・・
(webなどでの下調べもいれると既に何十件)

しっかりした施設、と思ってもワンコが寝泊りする場所が「野外」
だったりすると、ルビーのような小型の家庭犬には、ちょっと・・・
と躊躇してしまいます。

なかなか、「ここだ!!!」と思えるところに出会えない日々でした。



ルビーは今まで、大親友のユリス家やボーイフレンドのケンちゃん家、
トリュフ・チョコちゃんちや日本人の犬好きの方々にありがたいことに
預かって頂いていましたが、長期の旅行の際など、これ以上ご迷惑を
かけるのも・・・と、いつも悩んでいたのです。


(↓出発時は大好物の骨型オヤツで、とりあえず機嫌とり・・・)
aR1003552.jpg


そんな事情をお話したところ、動物行動療養士の先生にご紹介いただいて、
フランス人の年配マダムのご家庭にルビーを預けることに!

マダムは小型犬であれば、これまで預かった経験があるそうで、
お子さんたちが次々と独立し、一番下のお子さんと、だんな様と
同居されているそう。

だんな様はベトナム人だそうで、われわれを見て開口一番、
「日本人っぽくないわねー」との一言。

ええ、確かにルビパパは昔、ベトナム人かとよく聞かれましたし、
ルビママは、とりあえずアメリカ人、そしてペルー人、フィリピン人、
そしてレバノン人・・・と間違えられたこともありますけど・・・。


「わたくち、どこに行くんでしょうか・・・」 byるび
aR1003556.jpg


事前に下見に連れていった時、最初はガウガウと警戒していたルビーでしたが、
時間が経つにつれ、慣れてくれたみたいで、ほっとしました。

実際にホームスティをした後、引き取りに行った際、マダムにすっかり懐いて
しまったようで、マダムに呼ばれると、ひざの上に飛び乗って甘えていました・・・

ルビーは日本語で躾けたのですが、フランス語でもちょっとはコマンドを
覚えたかな?? 日本語とフランス語のコマンド対照表やエサの量などの
注意事項を書いた紙、健康手帳を兼ねたEUパスポートも持参しました。

マダムには、「この子は食いしん坊ねー」としきりに言われました。
ルビーさん、ばれてますよ~。 (^▽^;)

夜は娘さんのベッドに乗り込んで、一緒に寝させてもらったそうです。
娘さんにも可愛がってもらったみたいですが、ルビーがおねだり光線出し
まくって、しっかり甘えてたんだろうなーと想像がつきます。。

家に帰って来た初日などは、さほど興奮しすぎもせず、ちょっと落ち着いた
かな?(あるいは環境の変化についていってないだけ、かもしれませんが。。)


「ワタチ、ちょっとオトナになりまちた? にぱー!」 byるび
aR1003564.jpg

まだまだ興奮しやすく、無駄吠えもよくするし、お留守番も苦手・・・な
ルビーですが、少しずつ日本にいた時の状態を取り戻しつつあります。

ものすごく時間がかかっているため、飼い主としては絶望的な気分になる時も
ありますが、2歩進んで1歩下がる(ときには3歩下がるときも!)の繰り返しです。

もうすぐ3歳。そろそろオトナだもんね!

日本の皆さんは、ワンコを旅行に連れて行かない場合、どうされていますか?
そして、フランス在住の皆さんは?


☆mU^ェ^Um☆
よろしかったらワンくりっく、どうぞよろしくおねがいします♪

人気blogランキング   にほんブログ村ブログ村へ
画像が表示されない方、テキストリンクはこちらから!⇒人気blogランキング
スポンサーサイト
ルビーちゃんは適応性が優れているのかしら~?
マダムと娘さんに可愛がられていたんですね。
ココはシッター専門でやってるって感じではなく、趣味程度に預かっているのですか?
なかなか良いところを探すのって大変ですよね。
我が家は動物病院にお世話になってます。
[ 2006/12/01 02:42 ] [ 編集 ]
ルビちゃん、ホームステイなんて「おっとなー」ですね。
たかが犬と言う人もいるでしょうが、家族の一人、数日でも預けるとなると相手探しは大変ですよね。うちはブリーダーさんが預かってくれるのですが、ノルマンディーなので。。。(そこまで連れて行くのが旅行です!)今のところ旅行と言っても別荘に行く程度なので一緒に連れて行ってますが、今後は両親に預けると思います。ただまだ小さいので(現在6ヶ月)当分日本には帰れません。(涙)
小型犬ってやっぱりかわいいですね♪ベッドで一緒に寝るなんて、いいなぁ~。うちは寝室立ち入り禁止なので夢のまた夢ですね。でも留守番中にはこっそり侵入してベッドの上でぬくぬく丸くなっている様子。(笑)
いつかルビーちゃんにうちのBiwaと遊んでもらえたら、、、と夢見てます。
[ 2006/12/01 04:25 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
うちもなみを預けなくてはいけないような状況のときはいつもすっごく悩みます。
だーりんの実家に預けることが多いのですが大型犬のボクサーが2匹いて、そのうちの1匹に時々意地悪されたりするので本当は預けたくないのですが、スペインもペットホテルはあまり良いところがなく、仕方なく実家に預けています。
それにしてもルビパパさんはベトナム人っぽくてルビママさんは多国籍なんですね~(笑)
[ 2006/12/01 04:35 ] [ 編集 ]
こうやって一般家庭に預かってもらえるのがいちばん理想的ですね。我が家はいつも決まっている預かり場所(ペットリゾート)がありますが、お泊りはスタンダードルームは枠で仕切られたお部屋方式(あ、ここは個室もありますが、我が家はMontyが「閉まったドア恐怖症」なので・・・)でも、小型わん=トイレが近い(笑)との理由で1日7回ほど外に連れ出してもらえます。他ご飯代とお遊びタイムが15分、宿泊費に含まれています。別料金を払うと4時間のプレイタイムもついてきます。長期預かりはいいのですが、短期預かりはかなりのストレスになることを身をもって体験しましたので、こうやって個人で預かってくれるお家は理想です。
ば・も「できればあずけられたくないです。」
[ 2006/12/01 16:29 ] [ 編集 ]
ルビーちゃん、ホームステイお疲れ様♪ ポチ☆
マダムのお家でも可愛がってもらえてよかったね(*^_^*)
ウチはワンコ友達も近くにいないので、幼犬の時から時々トリミングしてもらってるショップにあずけてます。(最近はけんも一緒に連れて行くこと多いですけど)
迎えに行ったときもかなり落ち着いてて。。。
何だかちょっといい子になって戻ってきます(??)
[ 2006/12/01 16:38 ] [ 編集 ]
ヘッダーの写真が変わった~♪
ルビーちゃんはこういう経験をどんどんつんでいけば、きっと日本にいたようになりますよ
ワンコだっていろいろ考えていますもん
それこそ、一歩進んで二歩下がります!えぇ!しっかり下がってますよ(笑)
覚えたことを次々と忘れてくれるヤツが我が家にはいるんで(爆)
長期の旅行の際は実家に預けちゃいますね
で、太って戻ってくると・・・ヤレヤレ
[ 2006/12/01 17:00 ] [ 編集 ]
ホームスティなんて、かなり貴重な経験をしたのね、ルビーちゃん☆
でももしかするとワンコって飼い主が思っているより
かなり順応性に優れていたり、あっさりしてたり、
切り替えが早かったりするものなのかもですね。
私は心配性すぎて、もちろん下見は絶対ですし・苦笑。
ドナウももう少し私の手を離れてみたほうがいいのかも。
と思っても、実際問題ドナみたいな激吠えのワンコを預かってもらおうなんて
申し訳なさ過ぎる・・・って、これがいけないのかな・苦笑。

[ 2006/12/02 02:51 ] [ 編集 ]
ルビーちゃん、いい子にお留守番出来たんですね~
いい子だわ~v-344
ホームステイ先の方達も、いい人だったんですね!
我が家は、私の親がすぐそばに住んでいるので、
何かある時は、預けてます。
気を使わずに預けられるので、ありがたいです。
[ 2006/12/02 18:06 ] [ 編集 ]
コメントお返事が遅くなってごめんなさ~い!!

◆ティナさんへ
このご家庭は、とくにシッターとして開業しているわけでもなく、あくまで個人でやっているところ
ですね。ルビーは多分、適応性はそんなにないほうだと思いますよー。まあ、突然ご飯食べなくなったり
下痢したいとかしないので、そういう意味ではいいほうなのかもしれませんが。。
ご飯くれる人さえいればいいのかも?

◆Biwaママさんへ
そうなんですよねー。ワンコはしゃべれないので、どんな感じだったか、後から聞いてもわかりません
しね。以前預けたブリーダーのところでは、帰って来た時にずいぶんやせてしまっていて、何も
言いませんがストレスだったのかなーとか思ったことがありました。ルビーも少しずつ他のワンコと
遊べるようになって来ているので、温かくなってきたらお散歩一緒にできるといいですね!

◆くろいぬなみーたさんへ
ボクサー・・・・ちょっとそれはなみちゃんにとっては厳しい環境かもしれませんねえ。
あと、ルビーも避妊手術はしてないのですし、他のワンコ(とくに男の子)がいるのかどうかどか
もやっぱり気にします。フランスもぜんぜんペットホテル業界の競争とかないですし、日本のペット
ビジネス業界の人に、欧州に来ませんか?って本気で言いたいところですね。

◆Dackiesさんへ
Barneyちゃん、Montyちゃん、なかなかいい場所を見つけてもらいましたねー。
ルビーもずいぶんいろいろと探しましたが、なかなかここだ!というところに出会えない日々が
続いています。今回のマダムのところは「いい意味でフランス人」なので、もしかしたらいい相性
になるかもしれません。(多少ルビーが吠えたところで、気にしないとかそういう意味で)

◆るーさんへ
そうですね、トリミングしてくれるところで預かりもやっているところって、ありますよね。
小型犬だと、ほかに一緒に泊まっているワンコが大型犬がいるのかとか、何匹くらい一緒に
いるのかとかイロイロ気にしますよね。けんちゃんも、帰って来た直後は神妙になるんだ!
あれって、なんでなんでしょうねー

◆ネコ娘さんへ
ヘッダーのお写真、ちょっとサイズが合ってませんが・・・気づいていただいてありがとうございます!
(近々、テンプレートのリニューアルも予定してますよ~。)
人間もストレスかかると、太る人・やせる人ってタイプがあると思いますが、ワンコもそうなのでしょう
かねー。ルビーの場合、たいがいがやせて帰ってきます。あんなに食いしん坊なのに・・・

◆らりさんへ
ほんと、犬語で話せればいいところなんですが、意外と適応性があるほうなのかもしれないですね。
下痢したり、ご飯食べなかったりとかいうこともないですし。
いい意味でフランス人ご家庭なので、多少ルビーが吠えても気になさらなくて、助かってます。
でもやっぱり日本だと「吠え」はちょっと気にしてしまいますよねえ。犬は吠えるのが普通だから、
って言っても犬を飼ってない人なんかは違う立場ですもんね。

◆RUUさんへ
実家だと、いろいろと分っていることも多くていいですよね。
ただ、甘やかされたり・・・なーんてこともあったりしません?? おばあちゃん、おじいちゃんは
概して孫に優しいように・・・ ルビーはとりあえずオヤツをくれる人であったらすぐに好きになるようです。
[ 2006/12/03 02:17 ] [ 編集 ]
はじめて お便りいたします。もう一年以上ずーっと 読むだけだったんですが、ホントに毎回楽しく読ませていただいています。

私は現在ハワイ在住ですが、フランス人の夫を持ち ミニチュアダックス(スムースレッド 1.5歳と2月で2歳です)を2匹飼っているので、 パリのステキなお話とルビちゃんのかわいい姿が楽しみでいつも更新されるのが待ちきれないほどです。

年に一度主人の実家に行くときはパリのわんこのお店情報も参考にさせていただきました。レブキニストの隣のおされなワンコのお店行きましたよ~

犬を飼いだして、長期に家を開ける事ができなくなり もう休暇をとってフランスに行けなくなっちゃうかも。。。と
悲しんでいた時もありましたが、今はラッキーな事に知人が住み込んでくれるので(しかも彼女を モカ&ラテはだ~いすき もしかしたら 私たちよりスキかも。。。^_^;)安心して行けます。

でもその知人がカナダに来年帰国してしまうかもしれないので 私たちのフランス行きがまたまたあやしくなってしまうかもしれません。。。 やはり家族の一員ですから安心できる方に預けたいですよね 

しかしフランス暮らしのルビちゃんはうらやましい~です。ママパパと一緒に色々な所に連れて行ってもらって・・
アメリカは大抵の所 動物はご法度なので、モカ*ラテは公園ぐらいしか一緒に行けません。
ビーチさえもダメなんですよ~ 

ではこれからも 楽しいパリとかわいい ルビちゃんの話題お待ちしています。
[ 2006/12/08 08:29 ] [ 編集 ]
ルビちゃん、パパとママから離れてホームスティができたんですね。えらいなぁ。
タルはまだ人様に預けたことがないんです。
今まではバカンスが2週間ぐらいだったからおにいちゃんかおねえちゃんに家にいてもらっていました。
でも、もし日本に一時帰国となったらそうは行かないので、今、あちこちのペットホテルの情報を集めています。
家から車で15分ぐらいのところにある小さなホテルとミュンヘンの空港近くにあるちょっと規模の大きいところが今のところ候補ですが、もう少し別なところも探してみたいです。
そうか、下見もしなくちゃいけませんね。
今回のルビちゃんのような個人のお宅と言うのが理想ですが、なかなか見つけるのが大変だし、万が一おPっこの粗相をしたらと考えると一歩が踏み出しづらいです。
[ 2006/12/08 08:47 ] [ 編集 ]
◆Mocha et Latteさんへ
いらっさいませ~。いつも遊びに来てくださっていてありがとうございます!!
ハワイにいらっしゃりながらフランスにゆかりがある方とはビックリ!
何処の国でも、ワンコを預けるところ(人)で、信頼できるところ探しには苦労する
みたいですね。パリでもかなーり労力と時間をかけましたが、ほんとに信頼できる
ところってやっぱりごくごくわずかです。
そうそう、ハワイは一度、日本にいたときにルビー連れでの旅行をちょっと考えた
ことがあります! ビーチNGと聞いて即断念でしたが・・・(すべての島でそうなのか
まではわかりませんでしたが)
これからも、少しずつ更新していきますのでよろしくどうぞ~♪

◆pharyさんへ
タルちゃんも、いつか合宿デビューすることになるんでしょうかねえ。
ルビーも最初はやっぱりいろいろと心配しましたが、意外と本人的にはケロッと
していたもので親のほうが取り越し苦労だったかも。でも、預けるところは念入りに、
しつこく事前チェックですよねー。ダメなところはとことんダメですし。
今回預かって頂いたご家庭も、いい意味でフランス人なので多少ルビーが吠えても
気になさらないところがかえってうれしかったりします (^。^;)
[ 2006/12/09 07:51 ] [ 編集 ]
お気軽にコメントをどうぞ!













ルビ家にのみ表示したい場合、確認画面でチェックボックスをONにしてください 
この記事のトラックバックURL


カテゴリ別に読む方はこちらから!


~サイトマップ~
現在、工事中・・・

最近のコメント
  • 06/03:アレまま

  • 05/30:るびー

  • 05/26:Mouvette

  • 05/25:Miya

  • 05/16:dackies

  • 05/14:アナキョンジャ

  • 05/13:chama

  • 05/13:phary

  • 05/13:ネコ娘

  • 05/12:RUU

お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。