ぱりじぇんぬ犬ルビーの日記

~Mダックスのルビーと共にお贈りする、パリ日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

またまたワインの見本市! 

この週末に、「Salon des Vins des Vignerons Independants」
”独立系ワイン生産者による、ワイン見本市”に、
またまた行ってきました。

今回は、ポルト・デ・ヴェルサイユ展示会場
(Porte de Versailles)で開催。(11月23日~27日まで)

ワインに合うおつまみも、あちらこちらで売られています。
aR1003602.jpg
こちらのアツアツの具をバゲット(パン)にはさんでもらって、
7.5ユーロ。食べ物は総じて少々お高め・・・。

でも、2人で食べるのに十分な大きさなので、最初にバゲットを2つに
切ってもらってから具をはさんでもらうとバッチリ☆です。
(周りのフランス人はぺろりと1個を一人で食べてますが。)


前回2006年4月の展示会の様子はこちら!

会場は例によって、熱気むんむん。
日曜日の午後のせいか、めちゃめちゃ混んでます。

入場券を持っていたので、そこに名前や住所などを書いて
受付のお姉さんに渡すと、ワイングラスをくれます。
(これがまた、混雑で人の流れがめちゃくちゃ・・・。
 毎度毎度フランスらしいといえばそうですが、
 もう少し学習してほしい・・・。)


気を取り直して、中に入ると、ワインも数ユーロのモノからお高い
モノまで様々。
こんなにたくさんのワイン業者さんがいるわけですから、お目当て
を見つけるのも大変!
aR1003599.jpg
(細かすぎて、もはや機能してない?全体図・・・)


最終日に近くなると、手持ちの在庫が切れて、ばら売りが出来なく
なる業者さんも出てきました。せっかく気に入ったワインでも12本
から配達、24本以上だと配達料無料なんて言われてしまいました。

個人的にはそんなにたくさんの本数を買えませんので、そんなときは、
次回の見本市の招待状を送って欲しいとお願いして自分の連絡先
(名前と住所)を記入します。

無料入場券のゲットのためには個人情報をばら撒くのも
ある程度はしょうがないですね・・・。

つまりは、一度ワインを購入すると次回から業者さんが招待状を
送ってくれるシステムになっているのです。色々な業者さんから
少しづつ購入するとそれぞれが招待状を送ってくれるので、一人で
何枚ももらえることになります。そんな時はお友達にあげます。

初めての人の入場料は6ユーロ、学生さんは3ユーロだったそうです。

その業者のおじさんには、次回はオープン初日とか早めに来れば
ばら売りできるといわれました。他のブースでは、最終日前日の
日曜日の午後でも、1本から購入可能でした。

さて、今回の戦利品はこちら。
aIMGP5926.jpg
①コニャック(右)
ワイン以外のアルコールのストックが欲しかったので
ちょうど良かった。

お休み前のひと時によさそう・・・。
一日を平和な気持ちで終えられそうなコニャックです。

②ロゼワイン(左)
とても飲みやすく、お安い価格帯。夏にぴったり。
(3~4ユーロぐらい)



ところで、ゼンゼン関係ないのですが、ワイン見本市からの帰り、
近所のカフェで紅茶を頼みました。

ベルガモット(Bergamoth)を頼んだら、ダージリンとラベルが
ついた紅茶がでてきたので、変更してほしいと頼んだら、
「ベルガモットとダージリンは、まったく一緒のものだ」
と店員に言われ、驚きました。

その店員さんは他の店員さんにも確認したのですが、
同じように言ってました・・・。

これって、常識なんでしょうか??
どなたか知っている人、教えてくださーーい!

だったら、なんでメニューにわざわざダージリンと
ベルガモットが別々に書かれてるんだ?!

と、思ったのですが、いちいち抗議すると疲れるし、
もともと冷えてるお湯もさらに冷めるし・・・。

で、今回は(めずらしく?)あきらめました。 ε=( ̄。 ̄;)


次回のパリでの独立系ワイン見本市
(14eme SALON DES VINS DE PARIS CHAMPERRET)
の開催は下記のとおり

時期: 2007年3月23日~26日
時間: 10時から20時まで(最終日の26日のみ18時まで)
場所: ESPACE CHAMPERRET (17区)
HP : http://www.parisexpo.fr/pexpo/do/Navigate?id=5
最寄駅: Porte de Champerret もしくは Louise Michel


「飲みすぎには注意してくだしゃいね☆」 byるび
aR1003575.jpg


☆mU^ェ^Um☆
よろしかったらこちらもワンくりっく、どうぞよろしくおねがいしまーっす♪

人気blogランキング   にほんブログ村ブログ村へ
画像が表示されない方、テキストリンクはこちらから!⇒人気blogランキング
スポンサーサイト
比にならないくらいの規模ですねv-12
すごいわ~。
CMが、仕事で、バルセロナでの食品展示会に行った時
ものすごかったと言っていましたが
ワインだけでこれだモノね・・。
いいなあ・・。行ってみたいわあ。
私達も、サン・ラザール駅前で、これと同じ様な大なべから
日本で言うB級グルメちっくな食べ物を、プラ容器に入れてもらったけど・・
後から考えると、結構高いよね~って話に・・。ぷぷぷ・・・
[ 2006/11/27 21:17 ] [ 編集 ]
おおーうまそー!
こういうファーストフードがあったらいいなっていつも思います。
日本に帰るとやっぱりフランスのものが恋しいですね。
紅茶はベルガモットとアールグレイは一緒だけど
ダージリンとは決して同じじゃない!
でもフランス人はあんまり紅茶に関心はないのかもね
[ 2006/11/27 23:16 ] [ 編集 ]
実は、ワタクシ、コーヒーが飲めないんです。
だからもっぱら紅茶派。

初めて効きましたよ。
ベルガモット=ダージリン

紅茶にベルガモットの香りがついたのがアールグレイと思いますが・・・おフランスでは、それがダージリンになるのかしら?

次回は、怒ってくださいルビパパさん!!
[ 2006/11/27 23:58 ] [ 編集 ]
なんですかあ~~?これ?
これは、すごく大きな鍋というかフライパンに見えますね。
デカイなあ・・・・・
これはパンの具になるんですね。
好きな具だけをもってもらうのかしら?
それとも混ぜ混ぜかしら。面白い~~
フランスパンに挟んでダイナミックにいただくのね。
いいですね~~
ああ、憧れのフランス!

フランス語、習おうかしら・・・・(;_;)
[ 2006/11/28 11:13 ] [ 編集 ]
ベルガモットVSダージリン紛争勃発だ!
私の知っている限りでは、ベルガモットはアールグレイの香りにかなり似ているもので
日本ではベルガモット=アールグレイというように捉えている方もいらっしゃいますよね
で、ダージリンにはベルガモットで香りをつけることが多いんですよ
それで、ダージリン=ベルガモットの図式がなりたってしまったのかも
もともとは全部別なものですよね?
[ 2006/11/28 17:24 ] [ 編集 ]
はじめまして!renと申します。
パリ大好きな街です。
しばらく訪れてないのでお写真みてると
また行きたくなってしまいました。

しかしボリュームたっぷりですね(><)
美味しそう☆

また遊びにきます。
[ 2006/11/28 20:25 ] [ 編集 ]
フランスのスケールの大きさに驚きました!!
この鍋みたいなフライパンにたくさんの具が(@@)!
食べごたえありますね!
[ 2006/11/28 21:10 ] [ 編集 ]
うわ~♪ボリュームたっぷりでおいしそー!!
いろんな具が入ってますね。食べてみたーい!!
私はそんなに詳しくないんですけど・・・たしか、ダージリンにはベルガモットの香りがついてることが多いっていうことで、ダージリン=ベルガモットではなかった気がします。
オレンジペコーとかにもあるとか、最近読んだ卒論の本にも書いてあったよ~な・・・
曖昧ですみません(^^;
ポチ☆
[ 2006/11/28 21:49 ] [ 編集 ]
うわ~、おいしそう!!ボリュームたっぷりですね!
え?2人で??
私だったら一人でぺろりと行けちゃうかも…。そんな激うまのワインがあれば、余裕…。
って、ダイエット中なんだってば!!くぅ~っ!!
[ 2006/11/29 14:01 ] [ 編集 ]
◆ちゃっく管理人さんへ
パリは、展示会が多いですねー。あと、一般向けの展示会は、けっこう家族連れなんかも多いですし、
休日のお出かけスポットとしてけっこう定着してるのかな?
こういう出店風なのって、るび家もついつい引き寄せられてしまいます!

◆takaさんへ
日本にあんまりみかけないですよねー。ファーストフードでこういうのがあったら確かにうれしい!
アツアツを頂きたいですね。やっぱり紅茶の話し、おかしいですよねー。
その時はめんどくさかったので深追いしなかったんですが、とりあえず確認できてよかったです♪

◆chamaさんへ
おお、chamaさんは紅茶派なんですね。やっぱり店員の勘違いなんでしょうねー。しかも複数の。
そのお店、一生そうやって客に堂々と言い続けるんだろうな・・・
皆さんに教えていただいて、確認できたのでちょっと安心しました!

◆寿司屋のおかみさん小話さんへ
人影がちょっと写っていますが、相当大きいですよ!直径で、軽く1m以上はあるお鍋!
店員さんがてんこもりに具材をのせてくれて。。お願いすれば、ハムを多めに!とか、チーズを多めに!
とかできるかもしれないですね。 フランス語ができなくても、身振り手振り(表情や眼力も)で
なんとかいけるときもありますよ~。

◆ネコ娘さんへ
そうですよねー。教えていただいてありがとうございます。メニューにもわざわざ違うものとして
載っているのに、その店員さんたち、疑問に思わないんでしょうかね。あいかわらずの自信満々ぶりです。
とりあえず皆さんにご確認できて、一安心です!

◆renさんへ
こんにちは! はじめまして~。 これからパリは本格的な冬になりますが、ちょくちょく
おでかけしてまたいろいろと記事にもアップしていきますね!
今、ちょっと登場回数が少なめのルビーも、どうぞよろしくお願いします~♪

◆甲斐さんへ
あの鍋、軽く直径1m以上はあると思いますが、あれでお好み焼きとか作ったらすごいでしょうねー。
って、そんなに大きなお好み焼きを作っても、ひっくり返す巨大フライ返しがないかっ!
大きく口をほおばって、ダイナミックに食べるのがいいですね。

◆るーさんへ
そうそう、やっぱり別物ですよねー。
皆さんの見解も確認できて、よかったです。その時は面倒だったのでとくに頑張りませんでしたが、
あのお店、客から指摘されるたびに堂々と同じこと言ってるんでしょうね・・・
☆ポチ、いつもありがとうございます!

◆kao坊@NZさんへ
フランス人は、パクパク一人で食べてますよねー。ワインで胃袋が刺激されて、よけいに
スピードアップかな?? 会場内、そもそも人が多くて熱気ムンムンでしたが、あの鍋から
いい香りつきの湯気が出ているのを見ると、さらに熱気が広まってきている感じです!
[ 2006/11/29 17:46 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/11/30 11:58 ] [ 編集 ]
お気軽にコメントをどうぞ!













ルビ家にのみ表示したい場合、確認画面でチェックボックスをONにしてください 
この記事のトラックバックURL


カテゴリ別に読む方はこちらから!


~サイトマップ~
現在、工事中・・・

最近のコメント
  • 06/03:アレまま

  • 05/30:るびー

  • 05/26:Mouvette

  • 05/25:Miya

  • 05/16:dackies

  • 05/14:アナキョンジャ

  • 05/13:chama

  • 05/13:phary

  • 05/13:ネコ娘

  • 05/12:RUU

お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。