ぱりじぇんぬ犬ルビーの日記

~Mダックスのルビーと共にお贈りする、パリ日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

犬標識 

ルビママです。
パリにある犬関連の標識をご紹介します!

まずこちらは公園に貼ってある「犬、入っちゃダメよ」マーク。
公園などはワンコちゃんがお散歩で入れないところが意外と多くあります。
犬ダメマーク


このマークがあっても連れて入ってしまうフランス人の言い訳としては、
うちの犬は、この標識の犬とは犬種が違うから入ってもいいでしょー?
(ジョーク・・・だよね?!うまい、座布団1枚。)

単純に、標識が全く目に入らない、我が道を行っている人たちも・・・。


ああ、むこうには魅力的な公園が
  ああ、看板の向こうには魅力的な公園が・・・


つなぎますっ!
  こんな看板がある場所も。わたし、つなぎますっ!
  (ノーリードにしないでねマーク)



高級レストランはダメですが、カフェやレストラン、ショップと
ワンコ連れで入れるところがパリにはたくさんあります。

ギャラリーラファイエットやプランタンなどのデパートも、大型犬も
含め、ワンコが飼い主に連れられ、これまた堂々と歩いてますので、
日本人観光客の方々はびっくりされるかも・・・。


お次は、「ワタシはこの街が好きです、だから拾います」マーク。
わたし、拾います!

パリはワンコの落し物が多い街で知られています。
要は、落し物を拾いましょう!という標識。

ぷりぷりぷりっとさせた後、堂々とそのまま立ち去る飼い主が多いのです。
とはいえ、最近はきちんと拾う人もいて、(これでも?!)落し物が減っているとのこと。

公園の中に、ワンコの落し物専用ビニール袋なるものがある場合もあります。
(滅多にビニール袋は補充されていない~。おーい!いい加減だなー。)
うちはビニール袋を持ち歩いてるので、困りませんケド。


えがお

「ちゃんと拾っていってよねー」

スポンサーサイト
百貨店はいいけど、一部の公園はダメとか・・・
日本とは逆ですね( ̄~ ̄;)??
やっぱりペットとの関わりかたの文化そのものが違うんでしょうね。
ルビパパさん、ルビママさんのおかげでウンチクが広がりました!いつも参考にさせていただいてます(*'‐'*) ウフフフ♪
[ 2005/10/07 17:27 ] [ 編集 ]
[玄関]・▽・)ノ おじゃまします♪
ワンコの落し物、うちの近所ではほとんどやる人はいませんが、
まだまだいるようですねぇ・・・
でも一番怖いのがノーリード…
夜中にノーリードで散歩させるのだけはやめて欲しい・・・
友人のワンコがそれで怪我をしましたよ``s(・゛・;)
どこの口でもマナーは守って欲しいですよね~
[ 2005/10/07 19:00 ] [ 編集 ]
「うちの犬は、この標識の犬とは犬種が違うから入ってもいいでしょー?」
って言い訳?ジョーク、いいなぁー。
使えるかも…v-8
って、先ほども、散歩の途中、オーガニックの店に堂々と
MoMoと入って買物してた私ですがv-413

シェルティーは、やっぱりシェルティーなのですね。
調べてくださって、メルシー!
[ 2005/10/07 20:08 ] [ 編集 ]
始めておじゃましまぁす。
ぱりじぇんぬルビーちゃん。とってもお洒落な感じで羨ましいです^^
街角の看板一つもさすがパリですね!
ルビママのジョークに私からも『座布団一枚』お願いします(笑)
これからも、度々遊びに来ますのでお洒落なパリの様子やルビーちゃん見せて下さいe-266
[ 2005/10/07 20:23 ] [ 編集 ]
デパートがOKで公園がNGなんて、日本人からするとわからない感覚ですねぇ。
看板も見た目がかわいいなぁ。
絵で表現されてると、日本人なのでフランス語よめませ~ん。
ってヘタな言い訳もできないですね(笑)
[ 2005/10/07 20:37 ] [ 編集 ]
久久フランス人ジョーク!!
確かにあの看板ならうちのはOKだぁ・・・( ̄_ ̄|||)

てかフランスはそんなに落し物拾わない人多いんですか?
非常に残念ですね。。マナーですからね。。。
僕の近所でも散歩に行くと絶対拾われてない落し物に出会います・・・悲しい。。
国はどうあれ落し物拾えないなら飼う資格なしです。。
[ 2005/10/07 20:42 ] [ 編集 ]
落し物を拾いましょう看板の一番下に書いてあるのは罰金でしょうか?
こちらの普通の公園はノーリードOKのところが多いのですが、ルールが明記されていて、罰金もあります。
デパートOK&ジョークにはびっくりですっ!
道路でのノーリードは止めて欲しいなぁ~、私も。
検疫終了後にノエルが襲われた時のことは、彼女の伸びかかったカラーをなでるたびに思い出します。
車の前にマルチーズちゃんが飛び出してきて急ブレーキを踏んだことも。ワンコは無事でほっとしましたが、むち打ちになるかと思いました。(苦笑)
[ 2005/10/07 23:59 ] [ 編集 ]
いつも子供たちには、下をよく見て歩きなさいと言っています。そうしないと、ふらふら~っと路上に存在する最も踏みたくないものに接触してしまうので。うちの近所のちょっとした裏通りはもう大変です。
フランスでは犬はよくしつけられていて感心するけど、飼い主のほうは...町によってはがんばっているみたいだから、それが広がるといいですね。すばらしい景色を見ながら歩かせたい。
[ 2005/10/08 05:10 ] [ 編集 ]
> やっぱりペットとの関わりかたの文化そのものが違うんでしょうね。
⇒ おっしゃるとおりですね。
 あくまでわれわれの印象ですが、日本はペットを家族の一員(うちの子)と捉える方が多いですが、こちらのほうでは家族の一員ではあっても、やはりペットはペット。人間と同じ位置では考えていないように見受けられます。
可愛がっているのは確かなんですが、きちんと区別しているというか。。
いい例があったら、記事にアップしますね~
[ 2005/10/08 06:37 ] [ 編集 ]
大型犬のノーリードは特に怖いですよねえ。
パリでも、公園でなくともフツウに道端でのノーリード、かなりの割合で見ます。
たいていはワンコがしっかり飼い主の言うことを聞いているかな。
でも、「ワンコ」が100%どんな状況でも飼い主の言うとおり聞いてくれる保証はないですもんねえ。
安全のタメにリードをつけるのは、「マナー」ですよね。
(いつか機会があったら、仏人の方のご意見も聞いてみたい)
[ 2005/10/08 06:41 ] [ 編集 ]
同じですね~!

犬だめマークの貼ってあるお店でも、堂々と入っていけば意外に何も言われない・・・っていうか店員が「かわいいー」ってナデナデしてきたりとか。v-522

このアバウトさ、いつか日本に戻ったときにも、思わずやっちゃわないよう気をつけないと。。
[ 2005/10/08 06:45 ] [ 編集 ]
ようこそ、いらっさいませ~v-238
ぱりじぇんぬと銘打ってはいるものの、実は生まれも育ちも、ヤマトナデシコなんですよねえ。
まだまだ真のパリジェンヌ犬めざして、鍛錬の日々です。。
パリの街を、ルビーの目線からもたくさんおもしろいことを発見してお伝えできるようがんばりマース。
[ 2005/10/08 06:56 ] [ 編集 ]
> フランス語よめませ~ん。
⇒これ、意外と使っている外国人、実は多いかもしれませんね~
 フランスでは。

絵があるから、たしかに苦しいですが。。
とにかく、言い訳・理由付けの能力は日本人からみたら「よくそんなことシラフで思いつくなー」っての、おおいです。

[ 2005/10/08 07:13 ] [ 編集 ]
仏人ジョーク、、、まだまだありますよ♪

パリでは、上を向いて歩けばきれいな建物。
でも下を見ると、タバコ、ゴミ、ワンコ落し物だらけ・・・激しい変化を日々感じることができますねえ。
なにかの記事で、「道端で腰を落として、フンを拾う行為」を恥だと考える人が最近は減ってきた・・・と書いてあったのですが、、、
「減ってきたことを自慢気に書くなよ、、、そもそも街を汚したままにしているほうが衛生上も道徳的にも全くだめジャン」
って独り言です。。
[ 2005/10/08 07:20 ] [ 編集 ]
あ、お気づきになりましたね!
457ユーロ(約60,000円)の罰金でーす。v-452
でも、罰金とられている現場はまだみたことないです。

のえままさん、いろんなことをご経験なさっているんですね。。
(ブログのほうも拝見しました)
道端ノーリード(特に大型犬)、われわれもすれ違うときはいつも緊張します。
(その緊張が、ルビーに伝わってしまって、またよくないんですが。。)
[ 2005/10/08 07:26 ] [ 編集 ]
「下をよく見なさい」って言わざるを得ないですよね、、たしかに。
注意していても、通りの角を曲がってすぐのところにあったり、店のドアを出てすぐにあったり、、、気をつけようがないことも。。
場所にも寄るんでしょうかねえ。
少しずつでも、よくなっていくことを願います。
[ 2005/10/08 07:34 ] [ 編集 ]
テレビか何かで見たか聞いたことあります!
そんなにヒドイんだ??
日本でも結構落ちてますけどね~。
ってか近所で放し飼いしてるヮンが居て
ゥチの敷地にお土産置いていったり
車のタイヤにマーキングしてったり…。
ダメダメ飼い主は勘弁ですね。
[ 2005/10/09 13:07 ] [ 編集 ]
いやー、ひどいなんてもんじゃないですよ~。
日本の感覚でみてしまったら。
もしかしたら仏人な方々は、あまり落し物があっても
たいして気にもしないのかもしれません。
路上駐車している車に、「シーッ」なんて光景、日常茶飯事ですなあ。
飼い主も堂々としていて、なんか不思議な絵です。

[ 2005/10/09 22:43 ] [ 編集 ]
ルビパパさん、ボンジュール!!
足跡残しに来ました。

確かにパリの街には落とし物が多いのですが、
ただあの清掃車のパワーとくまない清掃を見ていると「どうせ清掃するんだから良いじゃん!!」とフランス人なら言いそうだなと思ってしまいます。
[ 2006/02/16 15:51 ] [ 編集 ]
遊びに来てくださってありがとうございます♪
清掃車も日本に比べれば大きいですよね、確かに。
道路のマンホールや側道から水をバーって流してゴミごと流したり、掃除の仕方が確かに違う。。
おっしゃるとおり、自分の仕事じゃないって考えている人、たしかにまだまだいそうです。
一度、インタビューでもしてみたいモノですね。
あ、逆切れされそうかな・・・
Keep Paris clean!! (Keep Tokyo Cleanの精神で)
[ 2006/02/17 02:32 ] [ 編集 ]
お気軽にコメントをどうぞ!













ルビ家にのみ表示したい場合、確認画面でチェックボックスをONにしてください 
この記事のトラックバックURL


カテゴリ別に読む方はこちらから!


~サイトマップ~
現在、工事中・・・

最近のコメント
  • 06/03:アレまま

  • 05/30:るびー

  • 05/26:Mouvette

  • 05/25:Miya

  • 05/16:dackies

  • 05/14:アナキョンジャ

  • 05/13:chama

  • 05/13:phary

  • 05/13:ネコ娘

  • 05/12:RUU

お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。