ぱりじぇんぬ犬ルビーの日記

~Mダックスのルビーと共にお贈りする、パリ日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ロゼッタストーンは必見 

飛び飛びでお送りしているロンドン旅行のお話しですが、今日は
大英博物館。ここはロンドン市内観光では、はずせませんよねー。

入り口をはいってすぐの、この天井の高さと、なんともいえない曲線に
まず圧倒されます。
大英博物館

入場無料(寄付などにより運営)って言うのが、なんともウレシイですね。



これまでのロンドン旅行記はこちらから。
 ~フィガロの結婚、パブでランチ
 ~バレエ白鳥の湖、シャーロックホームズのパブ


入り口すぐのこの「グレート・コート」は、ガイドブックによると、
2000年12月に完成したそうなので、意外と新しいそうです。
(新しいといっても、すでに6年以上経ってますが、大英博物館自体が
 250年以上も歴史があるんですもんね。)
aIMGP7418.jpg aIMGP7417.jpg





中央、丸上の建物に入っていくと、大きな図書館になっています。
巨大な円形の閲覧室!
館内の図書館でかい!

ちなみに、映画ダヴィンチコードのワンシーンで、主人公ラングドンが
携帯電話を使ってインターネット経由でアクセスしていた大英博物館の
サイトはこちらですね~♪
http://www.thebritishmuseum.ac.uk/compass/
『コンパス』といって、ネットでコレクションにアクセスできるんですね。



何処を見ていいのやら、わからなくなるほどの大きさ。
aIMGP7425.jpg aIMGP7424.jpg
(クリックするとちょっと拡大します)





さて、あまりゆっくり見学する時間がなかったルビ家。
とりあえず一番メジャーなのは?

やっぱり「ロゼッタストーン」ですよね!


ということで、意外と入り口からほど近くに置かれていたロゼッタ・
ストーンに3分もかからず到着。(人だかりができてるし、場所はすぐ
わかりました)
ロゼッタストーン!





一番上の部分と、真ん中の部分の拡大写真です。
aIMGP7435.jpg aIMGP7434.jpg
(クリックするとちょっと拡大します)
一番下にもまた別の文字があり、3種類の文字で同じ内容が書かれていると
推測されています。ロゼッタストーンの詳しい解説は、大英博物館のHPに委ねまーす →さきほどのCOMPASSで検索したページはこちら




だだっ広い大英博物館&あまりお時間がなかったので、とても全部は
廻りきれず。メジャーどころを駆け足で廻りました。お写真のほうも
ダイジェストでお送りします~。
aIMGP7443.jpg aIMGP7448.jpg

aIMGP7458.jpg aIMGP7464.jpg
(クリックするとちょっと拡大します)

皆さん、ご存知のものもありますよね?!

左上から順に、エジプト王朝の石造、アッシリア時代の人面有翼のライオン、
トルコ南西部のリキア・クサントスのネレイデス・モニュメント(紀元前380年
ごろ)、イースター島の巨石像、、、っと。




そして大英博物館にも日本コーナーがあります。
ちょっと奥のほうで、遠いんですが。

茶室あり、甲冑あり。(他にも埴輪や能面もあったな~)
茶室 甲冑
(クリックするとちょっと拡大します)



日本の近代アートコーナーに、こちらがあったのはちょっと驚き!
これもアート!セレクションにセンスを感じますね。
アトムにガンダム・・・・


一日本人として、自国文化の多様性を垣間見た豊かな時間でした。


さて、こちらも大英博物館に展示されて・・・は、おりませんでしたが、
ホテルに飾ってあった絵です。かみやんとファーちゃんだ!と指を
指してしまったのは言うまでもなく・・・ でもなんだか、こちらの絵より、
ホンモノのほうがダンゼンかわいいな~。
かみやん&ふぁーちゃん?! ここにも!
(クリックするとちょっと拡大します)
左側の絵ではチェスをしていて、右側はお食事の準備かな?


もうひとつおまけ!
おみやげコーナーに置いてあったチョコレートです。ミイラ型チョコ
(右側のほうは色鉛筆ですね)
バレンタインにこれをもらったら・・・・
行ったときはちょうどバレンタイン直前だったんですが、これを、もし
バレンタインにもらったら、どんな感じかな・・・ジョークだったら良い??



☆mU^ェ^Um☆
よろしかったら凸っと、よろしくおねがいします♪

人気blogランキング にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へブログ村へ
スポンサーサイト
うわ~~^い朝から旅行にいった気分になれました
かみやんちゃんの絵ってリサとがズパールっぽい
かわいいです~
日本の漫画がかざってあるなんて。。。。日本って漫画大国?
[ 2007/02/26 08:47 ] [ 編集 ]
博物館ってあんまり行ったことありませんが、歴史っぽいものを見るのは好きです。
映画「ナイトミュージアム」みたいに、博物館のものが動いたら面白そう^^
[ 2007/02/26 10:03 ] [ 編集 ]
はぁ~、いいですよね~!!大英博物館は死ぬまでに一度は訪れたい場所です~。博物館の中でもエジプトものが充実しているし。ルーブルとはまた違った雰囲気みたいですね~。
[ 2007/02/26 10:49 ] [ 編集 ]
博物館。。。
学校での行事以外に行った記憶がないなぁ・・・
大英博物館。。すっごい見所ありそうですよね♪
写真見ただけで十分満足しちゃいましたぁ(ノ∀≦。)ノぷぷ-ッ笑

プレゼントにミイラのチョコ・・・
ちょっと怖くて食べれないかもヽ(T∇T)ノアハハ・・・
[ 2007/02/26 11:00 ] [ 編集 ]
実は足を踏み入れたことのないイギリス。仕事の関係で何度も渡英しているオットによると大英博物館と大英図書館はそれぞれ1週間あててもまだ足りないなんて言っていましたが、さすが「元・帝国」ですね。特にエジプト関係のものは世界で最も充実していると聞きました。ちょうどエジプトから戻られたばかりで「おっ」と思われたのでは?
ば・も「ルビーちゃん、こんどはしょうぞうがはくぶつかんにもいってみてくださいね。ぼくたちのごせんぞさまにあえるかもしれません。」
[ 2007/02/26 15:28 ] [ 編集 ]
ミイラ型のチョコレート、欲しいです♪
センスを感じちゃう贈りものですよ~
あっ、エジプト考古学が好きな人じゃないとダメかな?
大英博物館はとっても広くて、何日かかけて周るといいと聞きます
いつか行ってみたいです
[ 2007/02/26 16:50 ] [ 編集 ]
カワイイ絵ですね!
ロンドンでもかみやんとファーのこと思い出していただいてありがとうございます!!
ホテルにこんな素敵な絵がかかっているなんて、きっとホテルも素敵なんだろうな。
私だったら無理矢理奪って来てるかも(ドロボーだよ!)。
こんないいもの見つけていただいてありがとうございます!!
ロンドンも行きたくなっちゃいましたよ。
大英博物館はもう10年以上前行きました。
なんでこんなにエジプトものがいっぱいあるの?ってびっくりした記憶が。
でも日本コーナーなんてなかった気がする。ガンダムがあるなんて笑えます~!
私もルビーちゃんみたいなかわいい絵やグッズを見つけたら、報告しますね!!
[ 2007/02/26 20:44 ] [ 編集 ]
大英博物館、撮影オッケーなのですね!
ロゼッタストーンのロールカーテンがなぜか実家にあります。
うん、たしかに3種類の文字でしたわ☆
[ 2007/02/27 00:44 ] [ 編集 ]
◆kurumiさんへ
ロンドン中心街にずっといたからか、街中であまりワンコを見かけなかったので、
ホテルでこの絵を見たときは、思わず反応しちゃいました。
日本のアニメって、ほんと世界中で人気がありますよね!

◆みどりさんへ
夜のルーヴル美術館なんて、ちょっとおどろおどろしいけど、雰囲気ありますよ。
お散歩で夜通るだけでも、ぼーっとライトアップされた光で幻想的ですが、遅い時間
まで営業している曜日があるのでそういうときに行くと、また違った雰囲気ですね。
(お写真撮ってきたんですが、いずれ記事にもアップしたいですね)

◆ぼぶさんへ
そうなんですよ。まさにまず最初にエジプトコーナーに、行きました。
ちょうど12月にエジプトにも行ってたので、なんだかなつかしい感じになったりなんか
しながら。ルーヴルとはだいぶ雰囲気違いますよ! ぜひ一度体験してみてください!

◆リエマルさんへ
博物館や美術館って、ちょっと現実から離れられる場所ですよね。
タイムマシーンに乗って現代から離れて、異空間に行くような・・・
ミイラチョコ、かなり気になっていたのですが、買うにいたらず。。やっぱり食べるときに
気になりますよね~

◆Dackiesさんへ
そうなんですよね、これすごいな~と思いつつも、「ん? なんでこれがここにある?」
っていうようなシロモノもたくさん。ルーヴルもそういうところがありますね。
エジプトコーナー、最初に足がそっちに向かってました。ルーヴルのエジプトコーナーにも
実は先月行ってたので、最近エジプトづいていたりします。。

◆ネコ娘さんへ
なんと! ルビパパも実はあのチョコレートを買うかどうかかな迷ったんですが、
食べる時になあ~、、と思いとどまってしまいました。今回は時間がなかったので
さささ~っと廻りましたが、ホントは解説などもゆっくり見ながら時間をかけて廻り
たいですね。

◆bonbonさんへ
実を言うと、ホテルは交通便利な場所を選んで、その分ホテル自体の設備はイマイチ
だったんですが、絵を見てかなりうれしくなりました。(っていうか、ロンドンの
ホテルも超高い! 下手したらパリ以上かも) ルーヴルといい大英博物館といい
エジプトコーナーの充実ぶりにはほんと驚きますね。 

◆らりさんへ
撮影、大丈夫ですよ。大英博物館の場合、商業利用はダメみたいですが個人撮影はok
とHPにも書いてました。ルーヴルなんかも、撮影okのコーナーとダメなコーナーと
(フラッシュ撮影がNGというところも)あったりしますね。
ロゼッタストーンはさすがにすごい人だかりでした!
[ 2007/02/27 14:02 ] [ 編集 ]
お気軽にコメントをどうぞ!













ルビ家にのみ表示したい場合、確認画面でチェックボックスをONにしてください 
この記事のトラックバックURL


カテゴリ別に読む方はこちらから!


~サイトマップ~
現在、工事中・・・

最近のコメント
  • 06/03:アレまま

  • 05/30:るびー

  • 05/26:Mouvette

  • 05/25:Miya

  • 05/16:dackies

  • 05/14:アナキョンジャ

  • 05/13:chama

  • 05/13:phary

  • 05/13:ネコ娘

  • 05/12:RUU

お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。