ぱりじぇんぬ犬ルビーの日記

~Mダックスのルビーと共にお贈りする、パリ日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フィレンツェへ! 

ヴェネツィアから電車でフィレンツェへ移動したルビ家。
フィレンツェでは、やっぱり「美術館巡り!」でした。

ミケランジェロのダビデ(David)像があるアカデミア美術館、フラ・アンジェリコの
フレスコ画で有名なサンマルコ美術館、ボッティチェッリ、レオナルド、ミケラン
ジェロ、ラファエロらイタリアルネサンスの巨匠が勢ぞろいのウフィッツィ美術館
ピッティ宮殿内にあり、ラファエロなどの絵画が煌びやかな館内で鑑賞できる
パラティーナ美術館

、、、と。


フィレンツェのガイドブック
しかし、残念なのは、ほぼすべての美術館で、完全にカメラ撮影NG

入り口付近でまずガイドブックを買ったり、オーディオガイドを借りて
各所で鑑賞を楽しんでまいりました~!



(フィレンツェ編は、一気にダイジェストでおおくりしていきまっす
 小さなお写真はクリックすると拡大しますので是非!)


各美術館、それぞれに見所がありましたし、ここであーだ、こーだと
素人うんちくやルビ家の個人的感想をウダウダ書いてもおもしろくない
ですよね。

でもやっぱり、ボッティチェリの「ヴィーナス誕生」や、「春」
(ともにウフィッツィ所蔵)は、特に素晴らしかったですよ!
感動しました。

レオナルドの「受胎告知」は、ちょうど日本に運ばれていたみたいで
残念ながら見ることができませんでしたが~。
(⇒SATOKOさん、情報ありがとうございます!)

ダビデ像は、大理石で身の丈5.17m。目前で見ると超巨大です。
写真では正面しか見たことがありませんでしたが、本物は前から、
後ろから、横から見られるように周囲を歩けるようになっています。


こちらは、シニョーリア広場にて。フィレンツェ市庁舎のある
ヴェッキオ宮前のダビデ像(こちらはレプリカ)
aIMGP8763.jpg





サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂も拝んでまいりました。
aIMGP8786.jpg aIMGP8756.jpg
aIMGP8819.jpg aIMGP8816.jpg
(クリックすると少し大きくなります)


ドゥオーモ(大聖堂)、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ジョットの鐘楼
と、三つの建築物で構成されています。


ドゥオーモの中に入って、奥の天井はフレスコ画がお見事。
こちらもぜひ、双眼鏡の持参をおススメします。
aIMGP8794.jpg aIMGP8800.jpg
(クリックすると少し大きくなります)




すぐそばで見かけたワンちゃん。。。これまた関係ないかっ?!
aIMGP8750.jpg




もうひとつ、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会そばにある、サンタ・
マリア・ノヴェッラ薬局の本店
も、マスト・スポットですよね。

13世紀、この地で修道僧たちが薬草を栽培するなどして始まったとされる
世界最古の薬局だそうです。すでに800年以上の歴史! 
aIMGP8838.jpg aR1005369.jpg
aR1005366.jpg aR1005367.jpg
(クリックすると少し大きくなります)

館内もけっこう広いんです。
商品を買わないにしても当時使われていたとされる器材やフレスコ画
などだけでも見る価値あり!館内入った途端に、強い薬草(?)の
香り・・・これだけでも健康になりそう!!



お買い上げは、アカシアのはちみつとローズのオーデゥトワレ。
aIMGP9436.jpg




そして、フィレンツェ歴史地区(ユネスコ世界遺産)、ポンテ・ヴェッキオ
(ヴェッキオ橋)から。
aIMGP8856.jpg
~左手に見えるのがウフィッツィ。アルノ川に映ってます~




アルノ川の南岸には、ピッティ宮殿があります。
2つの美術館、5つの博物館、広大なボーボリ庭園があり、こちらも
魅力的だったのですが時間の関係で、パラティーナ美術館だけ訪れ
ました。



目の前がポンテ・ヴェッキオ(ヴェッキオ橋)。
この穏やかな風景が魅力ですよね。
aR1005338.jpg



<ご参考情報>
●美術館の予約
Contact Firenze Musei,
Tel: +39 055294883
http://www.polomuseale.firenze.it/english/musei/uffizi/
http://www.weekendafirenze.com/bigphp/mus.php?skin=fi_j&mus=uffizi
※事前に電話で予約して予約番号をもらえば、当日はスムーズです!
 インターネットでも予約できるようになったみたいです。予約しないと3時間待ちなんてウワサも・・・。


●サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局本店
http://www.smnovella.it/
http://www.santa-maria-novella.co.jp/
※イタリア・英語版(上段)は工事中だったので、日本のサイト(下段)を。
 ユーロ高を考慮しても、まだ日本で買うよりは、2~3倍ほど
 お得のようでした。パリにもお店があります。



さてさて、今回、ルビーは一休み。
次回の記事では、ルビーとお散歩におでかけした様子をお伝えしまーす。
aIMGP9446.jpg
~窓際で日向ぼっこのルビー嬢。見方によってはフテ寝中?!



ぜひぜひ凸っと、よろしくおねがいします♪
人気blogランキング   にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へブログ村
スポンサーサイト
日本語のガイドブックまであるんですね~
日本人観光客はどこにでも出没するんですね
確かにルビーちゃんフテ寝の感じが・・・(笑)
[ 2007/05/21 19:47 ] [ 編集 ]
我が家もほとんど同じような足跡で周りましたわ。薬局には行きませんでしたが(帰ってくるまで知らなかった・笑)。ドゥオモは階段でてっぺんまで行きましたよ。「ああもう足がっ!」っていうところで、フレスコを目の前にした時は感動と息切れで言葉が出ませんでした。
ルビ家恒例のご飯はっ??私達は近所の自動車修理工場のおじさん、お兄さん御用達の一膳飯屋(でも3コース+ワインハーフボトルつきで一人12EURでした。03年のお話ですが)で頂きました。
ば「ルビーちゃん、らいねんのなつはいっしょにトスカーナでヴィラをかりてオリーブばたけでおにごっこしましょう。」
[ 2007/05/21 21:48 ] [ 編集 ]
どの写真を見ても素敵ですね。
やっぱりどもの美術館の中は写真NGでしたか。
残念v-237
何だかイタリア旅行した気分になりました。
アルノ川、ヴェッキオ橋の写真はあまりにも綺麗で癒されました。
[ 2007/05/22 18:31 ] [ 編集 ]
ベネチアも今回も本当に素敵です。
実は次の旅先の候補にベネチアが浮上しています。


ルビちゃんと一緒に旅ができるなんて羨ましいです
[ 2007/05/22 19:48 ] [ 編集 ]
レオナルドの「受胎告知」を東京に持ってっちゃった犯人です。(笑)

フィレンツェは町全部が美術館ですよね。
は~、いつもながら、写真がいいな~。タメイキ。
教会も橋も全てに歴史となんらかのエピソードがあって、
見ても見ても見切れないでしょうね。
ルネッサンスの時代がよく残っている町として貴重な町です。

薬屋さんといえば、メディチ家の銀行をやる前のご商売が薬屋さんなんですよね。
[ 2007/05/22 21:08 ] [ 編集 ]
うわ~いいな~!
私はミラノしか行ったことなくて。
特にヴェネチアはそのうち水没しちゃうという話を聞いたことあるので、早く行かなきゃ~!
フィレンツェもヴェネチアも何もかもが美しい街ですね。
絵にしても彫刻にしても写真で見るより本物の迫力は違いますよね~。
みたいな~ヴィーナス誕生。
ますますお尻に火がついてしまいましたよ。
この後、どこへ行かれたのかしらん?
[ 2007/05/23 00:17 ] [ 編集 ]
◆ネコ娘さんへ
いやいや、旅行してて思うのは、日本ってほんとに頑張ってるなあということです。
英語、フランス語、ドイツ語、、、と欧州の言語だけに対応しているところも
けっこうありますが、その次に来るのはやっぱり日本語なんですよね。日本人、
ほんと世界中に旅行に出かけてるんですね。

◆dackiesさんへ
ドゥーモ、登るか登らないか迷ったんですが、すごい行列で。。行列に並んだ上に、
さらに階段登るってのに腰が引けました。(⇒超弱気) フィレンツェはですねえ、
うーんルビ家の日ごろの行いがよくないのか?! あまりレストランにアタリが
なかったんですよ。カプリのほうがよかったかなあ。カプリではゴハンねたもちょく
ちょく登場すると思います! Barneyちゃん、トスカーナといえばトスかなー料理も
魅力だよ~。
 
◆モコモコママさんへ
フランスがゆるゆるなんでしょうかねえ。ルーヴルもさすがに最近は、写真NGゾーン
は標識が出るなどしましたが、けっこう写真とっていいエリアも多いです。
写真撮ってもらって、バンバン宣伝してもらったほうが、結局は訪れる人も増える
んじゃないかと思うんですけどねえ。

◆りえさんへ
イタリアは、いくつかの都市を少しずつ廻るプランがやっぱり魅力ですかね。
都市ごとにそれぞれに違った魅力があっていいと思います。ルビーは今回は
残念ながらパリでお留守番だったんですが、次回でかけるところは一緒に行きたい
ものです!

◆SATOKOさんへ
なはは。実は違う場所に置いてあるのか?と、あちこち徘徊していたルビ家です。。
フィレンツェ、短い滞在日程でいろいろと美術館を廻れてよかったです。徒歩でも
けっこう廻れますよね。有名なところは事前予約が欠かせないなーってのと午前中
をねらうのがポイントだと思いました。

◆bonbonさんへ
ヴェネツィア、海に沈んでしまうなんてもったいないですよねえ。ヴェネツィアって
そもそも島だし、上水、下水ってどうしてるんでしょうね。ちょっと疑問に思いました。
この後は、ナポリ、カプリ、ソレント、ポンペイ、、、です!(まあほとんど通った
だけってところもあるけど (^。^;)) お楽しみに~!

[ 2007/05/23 03:33 ] [ 編集 ]
うちもドゥーモはパスした口です。
だって、すんごい行列で時間がなくなりそうだったんですもの。
ヴェネツィアとフィレンツェの町はホント、そこにいるだけでタイムスリップしたみたいになりますよね。
も一度いってみたいなぁ。
[ 2007/05/24 05:27 ] [ 編集 ]
そうですよね、まさにタイムスリップ。パリの街並みも、そういえばそういう気分にさせられるスポットがいくつかありますね。パリから行くより、pharyさんのドイツからのほうがきっと近いですよね。「週末、ちょこっといってきまーす」って気軽に・・・行けたらいいですよね。
[ 2007/05/24 11:12 ] [ 編集 ]
お気軽にコメントをどうぞ!













ルビ家にのみ表示したい場合、確認画面でチェックボックスをONにしてください 
この記事のトラックバックURL


カテゴリ別に読む方はこちらから!


~サイトマップ~
現在、工事中・・・

最近のコメント
  • 06/03:アレまま

  • 05/30:るびー

  • 05/26:Mouvette

  • 05/25:Miya

  • 05/16:dackies

  • 05/14:アナキョンジャ

  • 05/13:chama

  • 05/13:phary

  • 05/13:ネコ娘

  • 05/12:RUU

お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。