ぱりじぇんぬ犬ルビーの日記

~Mダックスのルビーと共にお贈りする、パリ日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バガテル公園にて 

これは、2週間ほど前の週末のお話。

よくルビーをお散歩に連れて行くブローニュの森には、
「バガテル公園」という大きな公園があります。

ワンコNGということで今まで足が遠のいていたのですが、
実はバラ園がとても有名。そろそろ見ごろだろう・・・
ということで行ってみたのでした。


aIMGP9518.jpg
~お天気もよく、バラもたくさん咲いてましたよ!



さて、そのバガテル公園。

すっごく、くだらないのですが、「バ・ガ・デ・ル公園」って、
1回で覚えられます?


バカテル? パカテル? バガデル???

これ、絶対、日本人にとっては「覚えにくいよ!」っていう方、
けっこう多いんじゃないかと思うんですが、いかがでしょうか・・・

「Parc de Bagatelle」(バ・ガ・テ・ル)

です。

(ちなみに静岡県にも、同じく「バガテル公園」がありますよね。
 ルビ家は、そちらのほうはまだ行ったことがないのですが・・・)



そんな話しはさておき、さっそくバラのあるエリアへGo!
aIMGP9531.jpg





(↓クリックして拡大できます)
aIMGP9509.jpg aIMGP9493.jpg
aIMGP9516.jpg aIMGP9499.jpg

超・満開! というレベルではなかったですが、ほとんどのバラが
しっかりと咲いておりました。ちょうど、雨が突如降ったり、晴れたり
という変化の目まぐるしい時期でもあったので、バラさんも必死だった
と思います。




お散歩していても、ほのかにバラの香りが伝わってくるんです。
aIMGP9525.jpg aIMGP9524.jpg





この鮮やかな色合いが、いいですね。
aIMGP9491.jpg




こんな庭を造れたら・・・何年先になることやら。。
aIMGP9527.jpg





ルビーは残念ながら入れません。オランダのキューケンホフ公園だって
リードをしてワンコ落し物用ビニール持参であればokであったのに、
うーーーん、追随してほしいなあ。

こちらは別の場所で撮ったお写真。なんだか、もの悲しげ?!
aR1005210.jpg




<ご参考>
「Parc de Bagatelle」
Allee de Longchamp, route de Sevres a Neuilly - Bois de Boulogne - Paris 75016
1777年設立で、広さは約24万平米。入場料、3ユーロ。
残念ながら、ワンコは入場自体、不可。
検索したものの公式HPはヒットせず。パリ市管轄ということで
パリ市のHP内に該当箇所あり。



よろしかったら今日も凸っと、よろしくおねがいしまっす♪
人気blogランキング   にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へブログ村へ
スポンサーサイト
バラ園ですかぁ?
とってもいい香りがしそうだわ♪
日頃切花ばっかり見てるからこうやって咲いてると違和感すら覚えちゃうなぁヽ(T∇T)ノアハハ・・・
でもワンコ不可は残念だったね。。。
ルビちゃんも不満そう(≧∇≦)ppp
[ 2007/06/12 10:38 ] [ 編集 ]
バラ園は結構ワンコOKのところが多いんですけどね
ワンコ天国のおフランスにしては珍しいような・・・
でもパリといえばバラ!ですもんね
それだけ大切にしているってことかしら?
ルビーちゃん、一言文句いいたそう(笑)
[ 2007/06/12 11:38 ] [ 編集 ]
バガテルなんですね~・・私はバガデルだとばかり思っていました(笑)
確かに覚えにくいというか、間違いやすいかもしれませんね。
大きいお写真のバラ・・黄色とオレンジ色の自然なグラデーションが美しい☆
家でバラを育てたことありますが、害虫がつきやすくて・・(^^;)
かなり大変でした(汗)
[ 2007/06/12 14:05 ] [ 編集 ]
初めまして。パリ在住の(ただし初心者)のえくぼと申します。日本の実家にはるびちゃん似のMダックスX2がおりまして、犬恋しさを慰めてくれ、右も左もよくわからないパリのことを色々教えていただけるこちらのサイトには、いつもお世話になっております。るびちゃんとパパさんママさんに感謝!バラ園のことも存じませんでしたが、是非花が終わる前に行ってみたいです。よろしければこれからもよろしくお願いいたします♪
[ 2007/06/13 01:15 ] [ 編集 ]
またまた綺麗なところですねー
ローマはボロボロなところが多いけど、フランスはすごい整った綺麗なところ多いですねe-499e-420
なんかキャンディキャンディとか昔の漫画に出てきそうなところですね。
[ 2007/06/13 01:33 ] [ 編集 ]
そちらもバラの季節到来なのですね。
私も先日行ってきました、ドナウ連れて。
でも、規模が、スケールが、美しさが・・・
やっぱりこちらのバラ園は、バラだけじゃなくて園全体が美しいです!
ワンコ、抱っこやバッグインならOKになればいいのにっ。
[ 2007/06/13 03:06 ] [ 編集 ]
◆リエマルさんへ
なはは。スーパーで切った魚ばっかり見ていると、、、と同じ感じですねえ。
バラが、こんなに背丈が高いものがあるとは!っていう発見もありました。
っていうか、すっごく種類があるんですよね。

◆ネコ娘さんへ
そうなんですよね。で、バラ園というかこの公園自体に、けっこう野鳥とかキジ
とかいるようなので、それでかもしれないですね。大型犬・小型犬の区別もほとんど
こちらはしないので、大型犬が鳥たちを・・・・・なーんてことを考えてかな?

◆シェルママさんへ
アボガドか? アボカドか? と同じくらいの質問だったかもしれませんね。(^。^;)
ご自宅でもバラを育てたことがあるなんて、さすがシェルママさん。
ルビ家は、簡単なバジルやトマトが精一杯です~!

◆ekuboさんへ
はじめまして! 遊びに来てくださってありがとうございます。
ルビ家もまだまだ初心者級なんですよ! お互い、がんばりましょう。
ご実家のダックスちゃんは2匹なんですね。ルビーが2匹も居ることを想像
したら、、、なんだか不思議感じです。こちらこそ、よろしくお願いします!

◆みどりさんへ
こういう、植物を三角錐の状態に切ったりするのなんか、いかにも西洋的って
感じじゃないですか? 日本のわび・さびとは全然違う世界ですなー。同じ
バラを使った公園でも日本だったら全然違う雰囲気になるでしょうねー。

◆らりさんへ
いやー、意外とバラのあるゾーン自体はそんなには広くなかったんですよ。
公園自体は広いんですが。。でも、まあよく考えられているというか、植え方も
独特でちょっとまねできないですよね。
[ 2007/06/13 05:23 ] [ 編集 ]
私にとっては、↑こっちのほうが詳しかったりします。悲。
一応、薔薇園がメインですが、公園そのものの規模が小さいので、
おそらく本場路と比ぶべくもないと思います。
だって、バガテルはかなり広そうですよね?
ブローニュの森ですもんね~。
(もはや、無知丸出しです)
『谷津のバラ園』には行ってきました。
河津よりもさらに小さいです。
でも、細部に凝っていて、ただ、薔薇を見たいだけなら
小奇麗でコンパクトでいいかもしれません。
車椅子の方も来ていましたから。
[ 2007/06/13 16:54 ] [ 編集 ]
綺麗な公園ですね~
うっとりしますね~
ワンコもダッコならOKだったら嬉しいですよね。
なるちゃんとお友達なのですね♪
フランスでステキな出会いですね~
[ 2007/06/13 17:35 ] [ 編集 ]
◆SATOKOさんへ
パリのバガテルもバラがあるゾーン自体は、ほんのごく一部なので公園は広いの
ですがバラの数は実は同じくらいだったりして?! でも野鳥が居たり、芝生が
あったりなかなかのんびりできますね。家族連れもたくさんいましたが、老夫婦
の方で、ゆっくりと歩きながら鑑賞・・・という光景にはちょっと微笑ましいかったです。

◆くりさんへ
日本だと、小型犬ならokとか、カバンに入れていればokとかはけっこうありそう
ですよね。フランスの場合、カバンに入れてればokっていう看板はまだ見たこと
ないかなあ。まっ ダメって書いてても堂々と?大型犬をしかもノーリードで
はいっていっている人もいるし・・・(とある公園にて) 
[ 2007/06/14 05:15 ] [ 編集 ]
お気軽にコメントをどうぞ!













ルビ家にのみ表示したい場合、確認画面でチェックボックスをONにしてください 
この記事のトラックバックURL


カテゴリ別に読む方はこちらから!


~サイトマップ~
現在、工事中・・・

最近のコメント
  • 06/03:アレまま

  • 05/30:るびー

  • 05/26:Mouvette

  • 05/25:Miya

  • 05/16:dackies

  • 05/14:アナキョンジャ

  • 05/13:chama

  • 05/13:phary

  • 05/13:ネコ娘

  • 05/12:RUU

お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。