ぱりじぇんぬ犬ルビーの日記

~Mダックスのルビーと共にお贈りする、パリ日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

りべんじ、ディジョン! 

夏至を迎えたフランス。夜は22時位まで明るさが残り、そして朝は
5時頃から空は明るくなりはじめます。さわやかな晴れ間も出ますし、
良い季節です。しかし、一体いつ寝れば良いんだか~。


さて、先日ブルゴーニュ地方にドライブに行った帰りですが、
ディジョンにも立ち寄ってまいりました。

ボーヌ、ディジョンには昨年の11月、「栄光の3日間」という
イベントで訪れたのですが、その時見ることが出来なかった
場所を今回リベンジ~ッ!ということで・・・。 (^ー^* )♪


aR1005621.jpg
~前回はパリでお留守番でしたが、今回はルビーも一緒です。

☆ちなみに、過去記事のディジョンの様子はこちらからどうぞ!
 



過去記事でもご紹介している、ノートルダム教会の横手(rue de la Chouette)
にある「幸福のフクロウ」です。ディジョンに寄ったら立ち寄りたくなる場所?

もう、すっごいつるつるてんになっていて、このお写真だけ見せられ
たとしても、説明がないと分からないですよねー。
aIMGP9545.jpg


左手でフクロウを、右手には金製のものを触ると、幸福が訪れるという
ことですが、前回はルビーはいなかったので・・・・



「へ? なにか用ですか?」 byるび
aIMGP9546.jpg



なはは。やってしまいました。
こんなこと、やってるの、親バカ・ルビ家くらいですかねー。

aIMGP9548.jpg
ルビーは、なんとも所在なさげ。
まっ。ルビー姫は毎日2食お昼寝つきで、もう十分幸せだとは
思うんですが・・・。右手に金製のものを触ってないから、
幸せ度ちょっとだけアップ?




そして、もう一箇所。
前回、涙をのんだ(?)、あの場所。

サン・ベニーニュ大聖堂(Cathedrale Saint Benigne)の地下室へ。

この聖堂の中から、11世紀初期の初期ロマネスクの彫刻がある
地下祭室(crypte)があるのですが、昨年、訪れたものの、
停電で電気がつかないから訪問できない、と言われた場所。


しっかし、今回も・・・


日曜日の朝なのでミサ中!
(そりゃ、そーか。)


待つこと約30分。
地下祭室の入り口が祭壇の近くなので、ミサ中に入るのは、ちょっと
無理な様子。他の国の観光客数名も皆待ってました。

ルビママがルビ家代表で地下へ行ってきました。(拝観料1ユーロ。
教会内には、ルビーを連れて入れないので、ルビパパは教会目の前の
カフェでルビーとのんびりタイム。)

aIMGP9556.jpg

aIMGP9553.jpg  aIMGP9554.jpg



地下は、薄暗く、荘厳。かび臭も長い歴史を感じさせます。

聖人の墓もあるのですが、さすがにお写真を撮るのも憚られる雰囲気。
11世紀っていうと、もう1000年近くも前のことですもんね。
すごいことです。


ディジョンは、パリからTGVなら1時間ほどですし、見所があって、
日帰りや一泊のご旅行にも良いかもしれませんよ~。


よろしかったら今日も凸っと、よろしくおねがいしまっす♪
人気blogランキング   にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へブログ村へ
スポンサーサイト
ルビーちゃんも触ったんですねw
ちょっと困ってるルビーちゃんが可愛いです(>m<)
今よりもっと幸せになれちゃうかな!?
サン・ベニーニュ大聖堂、重厚な雰囲気ですね。
1000年前かぁ・・・すごいですよね~。
ポチ☆
[ 2007/06/23 19:57 ] [ 編集 ]
普通のワンコなら、ほとんど触ったことがないのでは・爆!
これでますますの幸せになれますね♪
大きな写真の場所で実際にミサが行われているのでしょうか?
すごい荘厳な雰囲気・・・。
[ 2007/06/24 01:40 ] [ 編集 ]
ルビーちゃん、これは何?!って感じですねぇ(笑)
ちょっと困った背中してますね。

すごいですねぇ1000年ですか・・・。
残ってるっていうのもすごいですが、
1000年前の人が、これを造ったっていうのもすごいなぁ。
[ 2007/06/24 21:06 ] [ 編集 ]
昨日たまたま、「イエスの棺発見か?」という番組を見ていたので
感慨深く見ちゃいました~
1000年という長い時間でも、こうして残っているなんてすごいですよね~
やっぱり一度行ってみたい場所ですわ
[ 2007/06/25 17:23 ] [ 編集 ]
◆るーさんへ
教会って、何処も似たようなところばっかり・・・なーんて思ってたこともありましたが
ステンドグラスだったり、装飾品だったり、もちろん歴史についても様々だったり
しますよね。とくにディジョンは外壁の模様も特徴的だし、一見の価値ありですよ~

◆らりさんへ
まあ、フランス人が見たらちょっと驚いたかもしれませんよねえ。
ミサはきっと日本でも教会があればやっているところはあるでしょうね。
パイプオルガンが響き渡る雰囲気とかはやっぱりすごいですね。

◆RUUさんへ
なはは。そうです、困った顔になってますよね。やっぱり高いところは好きじゃない
みたいなので、ひょいって持ち上げるとなんとなく所在なさげな表情になるんですよ。
イスとかにはひょいってのぼるのが好きなんですけどね。

◆ネコ娘さんへ
私も久々に日本のテレビ番組を見て、なつかしかったです。
っていってもバラエティばっかり見てましたが・・・
古さで行けば、パリのサンジェルマンデプレ教会はさらに古いですけど、もう
千年とかこえてくるとよくわからないくらいの数字ですよね・・・
[ 2007/06/26 01:26 ] [ 編集 ]
お気軽にコメントをどうぞ!













ルビ家にのみ表示したい場合、確認画面でチェックボックスをONにしてください 
この記事のトラックバックURL


カテゴリ別に読む方はこちらから!


~サイトマップ~
現在、工事中・・・

最近のコメント
  • 06/03:アレまま

  • 05/30:るびー

  • 05/26:Mouvette

  • 05/25:Miya

  • 05/16:dackies

  • 05/14:アナキョンジャ

  • 05/13:chama

  • 05/13:phary

  • 05/13:ネコ娘

  • 05/12:RUU

お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。