ぱりじぇんぬ犬ルビーの日記

~Mダックスのルビーと共にお贈りする、パリ日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブルゴーニュ、ワイン街道 

6月に入ってからというもの、すっかり夏模様のパリです。

こちらは、先々週末のお話し。パリからボーヌまでは車で約3時間。
とあるワイナリーを訪れた帰りに、せっかくなのでディジョンで一泊。

通称、「ワイン街道」といわれる一面がブドウ畑の街道もあり、
そこをドライブ。ルビーも一緒でしたよ~。

aIMGP9572.jpg
「さっ ブドウ狩りでしゅね!」 byるび





このワイン街道、ディジョンの南一帯に広がり、「コート・ドール(黄金の丘陵)」
とも呼ばれる地域です。

ディジョンからサントネーSantenayまで、「Rue Grand Cru」といわれる
特級ワイン街道(?)が続いています。


ワインに詳しい方にはおなじみの・・・
ジベリ・シャンベルタン(Gevery-Chamberin)、ニュイサジョルジュ
(Nuits-Saint-Georges)、ヴォーヌ・ロマネ(Vosne-Romanee )、
サントネー(Santenay)、、、などなとワイン畑が永遠と続きます。

aIMGP9563.jpg
aIMGP9567.jpgaIMGP9570.jpg

この近くには、ワイン素人のルビ家でも、
「おーー、その名前は聞いた記憶があるな~」
という、地名がゴロゴロと。

ワインのプロになることは難しいけども、もう少しいろんなことを
知っていると、もっと楽しめそうだなあ、といつも思っています。
(が、現時点ではあまりに基礎知識が欠けている~!
 まっ 基本は美味しく、楽しく頂くことなんでしょうけどね)

ちなみに、ボーヌの方に伺ったところによると、今年の収穫は8月20日
前後の予定だとか。これって、すごく早いらしいです。
3~4月、とってもあたたかったですもんねえ。今年の出来具合は
どうなんでしょうか。




さて、と。
こちらはボーヌから少し北、ランチを食べたお店、ル・シャルルマーニュ
(Le charlemagne)。フレンチでありながら、随所に「和」を意識した
アレンジがされているということで、どんなものか頂いてまいりました。


前菜(アントレ)
aIMGP9576.jpg aIMGP9578.jpg
左:マグロのお刺身と生ハム。3種類それぞれ味の濃さを変えてあります
右:ロケットのサラダ




とりあえず、「???」となるのがこちら。
aIMGP9575.jpg
~ほんとうは3つのパンが串刺しになっていたのですが、お写真撮る前に
ひとつ食べてしまいました。
試験管にはいっているのは、オリーブオイルとバルサミコ酢・・・




コース(MENU)で頼んだので、たくさんの品を味わいました。
(コースの価格帯としては40ユーロ~70ユーロ)
aIMGP9579.jpg aIMGP9581.jpg
aIMGP9582.jpg aIMGP9583.jpg

全体的に、ちょっとソースが単調だったかなあ?!
ここでも串刺し(ブロシェット)が登場するのがポイントです。




デザートでの注目ポイントは、お写真左上と右下。
aIMGP9588.jpg aIMGP9590.jpg
aIMGP9592.jpg aIMGP9593.jpg
左上: 当地の名産チーズ、エポワスを使ったデザート。確かに香りが
   エポワスです。。
右下:やっぱりここでも串刺し!なのは飴さんです。
   それから試験管に入っているのは、中身の詳しい内容は忘れました
   が、柚子などを使ったジュース。これ、クイッとやります。


全体を通して、常に串刺しを使ったアレンジなのはなにかテーマがある
のか?? 日本人的には、なんとも不思議感の残るアレンジ・・・

でも、新しいモノへのチャレンジって、いつも最初は批判を浴びたり
ちょっと異質だったりするものだし、このお店が目指しているものも
新しいフレンチなのかも?

サーブもゆっくりめで、4時間くらいはみていたほうがいいので、
日程にも余裕がある方向きですね~。



ご参考)
「ル・シャルルマーニュ(Le Charlemagne)」
Route des Vergelesses 21420 Pernand-Vergelesses
Tel +33 (0)3 80 21 51 45
http://www.lecharlemagne.fr/
→ブドウ畑のなかにあって眺めは最高。でも車でないとまず無理・・・
 な場所です。ちなみに。ミシュラン2006年版では、新たにひとつ星
 を獲得したそうです。


フランス政府観光局 ブルゴーニュ地方の紹介ページ その1
フラン政府観光局 ブルゴーニュ地方の紹介ページ その2
ブルゴーニュのワインたち(仏語・英語)


☆mU^ェ^Um☆
よろしかったら凸っと、よろしくおねがいします♪

人気blogランキング にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへブログ村へ
スポンサーサイト
フランスの方からみた、和のイメージ・・なのでしょうかね~。
いけばなの感じかしら・・。
器に使ってあるものが、確かに日本っぽいような。
ふふふ。おもしろ~い。
ルビーちゃんも、何か食べたかな?
[ 2007/06/21 12:53 ] [ 編集 ]
わ~~~いブドウ畑だ~
映画のなかみたいな景色~
どうせわたしたちもいくんだったらこういうとこが。。。。
よかったかな~

それにさ~なんで食べものがすんごいの~
パンかわっているね^^
串刺しに試験管>?
[ 2007/06/21 15:29 ] [ 編集 ]
ワイン飲めないリエマルでも知ってる名前がいっぱいです~!
今年はおフランスもあったかかったんだね~♪
日本も暖冬だったもんなぁ。。。

それにしても串刺しに試験管???
えぇ。。。
おフランスの方の日本のイメージってこんな感じなのかしら??
[ 2007/06/21 15:32 ] [ 編集 ]
お写真お上手なので、とってもおいしそうに見えます!
けど、ねぇ~って感じでした?あのパンが串に刺されているのは私も始めてみたときは目が点…でした(笑)
けど、これも自分で食べないとわかりませんもんね。あの大好きなワイン畑に囲まれたシチュエーションで私は満足でした!
[ 2007/06/21 20:49 ] [ 編集 ]
べっ甲飴みたいなのを試験管にねぇ…
でも、フランス人が見た「和」っていう雰囲気、私キライじゃないんですよね~^^

8月に収穫したブドウが、あれやこれやの行程を経て、11月の第3週に解禁になるんですね。
あ、それはボジョレーでしたか。
でも、今年の出来はどうでしょうね。
たいして詳しくもないくせに、ちょっと言ってみました☆

そうそう、今日は、例の「パスタ用の何か」と、フレッシュトマトを煮詰めて、パスタに絡めてみました。
とっても美味しかったですよ~♪
ワインがあれば言うことなしだったのですが、あいにく仕事があったので、麦茶でした、トホホ。
[ 2007/06/22 00:01 ] [ 編集 ]
◆ちゃっく管理人さんへ
器や、あと、メニューの文字フォントなんかもいかにも「和」って感じでした。
このレストラン、わんこokってことでルビーも同伴だったのですが、落ち着かない
のか? ガウガウうるさいので、カバンの中で待機!です。
他にも、ワイヤーのダックス連れの方がいましたね~。

◆kurumiさんへ
ずーっと一面、こういう風景が続くと、たしかに非日常な世界ですねえ。
住んでいる人たちにとっては、これが日常なんでしょうが。。
試験管にはいったジュースを、くいっとやるのは、なんだかちょっと気が
ひけましたが、それも計算された演出なのか?!

◆リエマルさんへ
世界的に異常気象の傾向ですよねえ。
今年は3-4月から既に暖かかったので、過ごしやすかったような、物足りなかった
ような・・・これで夏も暑く、また冬も暖冬だったらなんだか逆に寒いのが恋しく
なったり・・・しないかな? 

◆みももさんへ
確かにあの景色のなかで食べられるのは、ちょっと魅力ですよね。
テラス席もあるので、そちらだったらブドウの香りもしてくるかな?
この日は、途中から超大雨&雷雨がやってきてブドウ畑も大変なことに
なってました。(車も通れなくなるくらい一時的な豪雨)

◆アナキョンジャさんへ
不思議な日本料理屋特集、日本語特集とかやったら、ネタにはしばらく困らない
くらい、ほんとあふれかえってますよ~。それでも海外で、日本関連のモノを
見つけるとなぜかうれしくなってしまうっていうのもありますけどね。
パスタ、使っていただいてうれしいです! ルビ家も辛い~!と、汗かきながら
食べてます。
[ 2007/06/22 13:52 ] [ 編集 ]
行きた~い!
ワイン飲みた~い!(笑)
ディジョンは行ったことないんですが、なぜかディジョンのフラワーフェスティバルのポスターを持ってます。
それしても斬新な(?)フランス料理ですね。
エルブジの影響なのかしら?
お味の方はいかがでしたか!?
[ 2007/06/22 17:49 ] [ 編集 ]
いつも読み逃げですみません

周りの人間がカンヌに出かけていた今週。
パリに行くんだ~ときくたびに「私も行きたい!」となっていました

明日はアール&桜芽ママと会いますよ~
毎回、そのうちパリにルビ家に会いに行きたいね!と話しております。ぷぷ。


  
[ 2007/06/22 19:27 ] [ 編集 ]
◆bonbonさんへ
そう、斬新過ぎて・・・ サーブで持ってきてくれるギャルソンの方々も、
毎回お客がどんな反応するのか楽しんでるんじゃないかって感じさえします。
まあ、これって日本人のワレワレだけじゃなくて、やっぱりフランス人たちも、
試験管をみて驚いてましたよ。これ、そのうち流行ったりするのかな~? 

◆kazuさんへ
こちらこそ、コメントごぶさたしてしまっておりまして恐縮です~
ここもかちゃんを置いて海外へ・・・となるとやっぱり、なかなか簡単には
でかけられなかったりしますよね。パリは今、とってもいい季節になりましたよ!
なんとなく近い将来、パリか東京でお会いできるような気がしてしまうのですが
ルビパパの勝手な妄想か・・・ アール&桜芽ママさんにもどうぞよろしく
お伝えくださいまし。
[ 2007/06/23 16:44 ] [ 編集 ]
コメント遅くなっちゃいましてけれど・・。
ブルゴーニュ、ワイン街道。。ワイン好きな我が家としては
非常に興味深いです(*^^*)
串刺しのパンや巻き簾?がお皿に乗ってたり、枡?にデザート(^^;)
柔軟な発想?と思えないこともないかな~?!(笑)
「ワイン畑を見ながら新しいフレンチ」・・いつか体験したいです♪
[ 2007/06/24 12:49 ] [ 編集 ]
シェル家は、ワインにとってもお詳しいですよね。
いつもため息つきながら、お写真拝見していますよ。
そうです、「枡」です!
記事中にもコメントいれるべきポイントでしたよね~
すっかり忘れていました。
「枡でデザートかいっ!」って、突っ込んでました。
[ 2007/06/26 01:28 ] [ 編集 ]
お気軽にコメントをどうぞ!













ルビ家にのみ表示したい場合、確認画面でチェックボックスをONにしてください 
この記事のトラックバックURL


カテゴリ別に読む方はこちらから!


~サイトマップ~
現在、工事中・・・

最近のコメント
  • 06/03:アレまま

  • 05/30:るびー

  • 05/26:Mouvette

  • 05/25:Miya

  • 05/16:dackies

  • 05/14:アナキョンジャ

  • 05/13:chama

  • 05/13:phary

  • 05/13:ネコ娘

  • 05/12:RUU

お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。